腰痛

腰痛
腰痛

腰痛は、お腹の後方から臀部にかけて発生する、痛みや凝りなどを指しますが、その内容には、『急性腰痛症』(ギックリ腰)や先天的な腰椎の前弯による問題や、『変形性脊椎症』や『椎間板ヘルニア』、『脊柱管狭窄症』、といった加齢により生ずる他、カリエスや化膿性脊椎炎などの感染や炎症によるもの、また癌などの腫瘍によるものなどがあります。

カイロプラクティックによる腰痛の場合は、これらと違う考察とアプローチ方法で、主に骨盤と腰椎のずれ、歪みによる神経圧迫と言った内容になります。

骨盤と腰椎の構造

骨盤は、左右1対の寛骨と真中に位置する仙骨から構成されている。

寛骨は腸骨・座骨・恥骨が癒合してできた骨で、これらの外側面には寛骨臼という深い関節窩があり、ここに大腿骨頭が入って股関節を形成している。

仙骨の上部には腰椎が、仙骨下部には尾骨が形成されている。

骨盤の構造

骨盤・後方

上の図は、骨盤の上に腰椎が構成されている状態を、後方から表した物で、椎の後方を示す棘突起があり、腰を後方から触ると容易に確認する事が出来ます。

骨盤の構造を前方より見た図

骨盤・前方

上の図は、骨盤の上に腰椎が構成されている状態を、前方から表した物で、特徴のある恥骨は、お腹を上方から触って行くと、おへその下に確認する事が出来る。

寛骨の上部を構成している骨で、坐骨・恥骨の上部で大きく広がり、仙骨を真中に挟む翼状の骨です。

腸骨

腸骨で良く用いられる部位に、腸骨稜・上前腸骨棘・上後腸骨棘の3か所があり、あらゆる面でのランドマークになっています。

下記のイラストは、左が前方から・右が後方から見た状態です。

骨盤の検査

骨盤の検査・前方と後方

・腸骨稜(ちょうこつりょう)

両手を腰に当てた際に、真横に触知できる箇所で、骨盤のもっとも上の部分です。

・上前腸骨棘(じょうぜんちょうこつきょく)

腸骨稜の前縁にある突起部で、両手を腰に当てた際に、示指・中指の指先が前方で触れる、突き出ている部分です。

・上後腸骨棘(じょうこうちょうこつきょく)

腸骨稜の後端にある突出部で、両手を腰に当てた際に、腸骨稜に沿って後下方へとずらすと、拇指が触れる部分で、非常に良く使用される部分です。

自分で触りにくい場合、他の人の後方で、骨盤を正面で見ながら行うと、分かり易いです。

要約

Webサイト・インターネット上では、思いがけない箇所や内容の記事を、時折見かける事が有りますが、アフィリエイトなどのネットビジネスを目的としている場合が多く、うちに来られる方では、これらの効果が有ったという話は聞いた事が有りません。