Natural Healing

初回の矯正で痒みを解消

初回で痒みを解消する 3つのポイント

1 原因を把握すること

副腎は、腎臓の上にある器官です

アトピーの場合、必ずと言って良いほど悩まされるのが、痒みを伴う皮膚炎です。 炎症を抑える役割を担う物質は、副腎から分泌される、副腎皮質ホルモンと呼ばれるもので、科学的に合成された物質が、ステロイドと呼ばれる薬剤です。 一般的に行われているのは、ステロイドによって皮膚の炎症を抑えている間に、自然に副腎が働きだすのを待ちます。 カイロプラクティックは、椎骨のズレを治す事によって、副腎の機能を積極的に働かせて、副腎皮質ホルモンの分泌を正常化させます。 原因は、副腎皮質ホルモンが必要だなのに、足りていないと言う事です。

2 正確な検査

サーモグラフィック検査

原因が、椎骨のズレによる副腎の機能低下で、副腎皮質ホルモンを分泌させる事が出来ない場合、椎骨のズレを治してやると、再び働きだします。 しかし、どの椎骨がズレているのかは、身体を見たり触ったりしても、正確に見つけるのが難しい為、この検査機器で問題の椎骨を予測します。

サーモグラフィック検査とフルスパインテスト

更に、サーモグラフィック検査をスクリーニングに掛ける為、全脊柱を検査するフルスパインテストを重ねて行い、副腎の機能低下を引き起こしている椎骨を確定します。 全脊柱の検査箇所=後頭骨・頚椎7個・胸椎12個・腰椎5個・腸骨2個・仙骨1個

3 正確な矯正

ニーチェストテーブルによる矯正

全脊柱とは、脳から頚椎・胸椎・腰椎と言った、背骨の中を通って内臓に通じる神経系を、含める総ての器官を指します。 この時に必要とされるのは、脊柱を形成している、正常な椎骨には影響を与えずに、ズレた問題の椎骨だけを、正しい方向に矯正する技術です。 写真は、ガンステッド・ニーチェストテーブルと呼ばれる、カイロプラクティックのアジャストメントと呼ばれる矯正台で、ズレた椎骨だけを矯正するのに、非常に適しています。

純粋でシンプルな思考を持とう
内臓の働きが悪くなると、病気になってしまいます。 膵臓の機能低下は糖尿病、腎臓の機能低下は腎臓病で、副腎の機能低下はアトピーやアレルギーとなります。 悪くなった場合、食事や運動に気を付け、それでも良くならない場合、お医者さんから薬を処方して貰う事が必要となります。 しかし機能の低下した内臓を、元通りに働かせて機能を回復すれば、症状が良くなる事が解って頂けると思います。 これらは特別な事ではなく、海外では普通に行われており、誰でも生理学的・解剖学的に考えたり、調べたりする事で理解が出来る事です。 選択肢は、薬によって必要な物を補うか、カイロプラクティックによって自らの治癒力を生かすかですが、未だ本当のカイロプラクティックを受けられていない場合は、1度だけでも試してみる事をお勧めします。 また、時にはどちらも必要で、協力して症状の改善に努めるケースも、出てきたりします。

根本的な治癒を約束する 3つの事

1 改善の計画をたてる

通院計画を建てよう

身体の生理的な機能の安定は、3か月間を目安として下さい。 最初の1か月間は、交感神経である副腎の機能を正常化すもので、定期的に来る事をお勧めします。 勿論、症状にもよりますが・・・ 日常生活に支障が出るけど、何とか過ごせる場合は1週間に1回。 日常生活を、送れない場合は1週間に3回のコースを、お勧めしております。 個人差は有りますが、後の2か月間は交感神経系から副交感神経系へと、切り替えて行く事を考慮しながら、通院する期間を長くして行きます。 その後の継続については、安定した状態を保つ事も必要ですが、1か月に1回のケアとメンテナンスを行うと、次第に子細な器官まで自律神経のバランスが整い、疲れにくく丈夫な身体に変わって行きます。

2 自分に必要な物かテストする

身体に良いものか?

自分の身体にとって、必要な物か、それとも悪い物なのか? 例えば、通常に食しているお米ですが、これもコシヒカリ系のお米は、アトピーの場合には症状を、悪化させる時があります。 こちらは北海道で発生した、お米による集団アトピーですが、お米を元に戻すと治った事が、記載されています。 うちでもテストしますが、対象はお米に限らず、塩や砂糖、よく飲むドリンクや常飲しているお水、数々のサプリメントや石鹸など、多岐にわたります。 お米を変えて、顔の赤みが取れた・石鹸を代えて肌の状態が良くなった・効かないけど飲んでいたサプリメントを、辞めたら具合が良くなったなど、数え上げればきりがありません。 問題は、良いと信じていた物が、実は身体に害を与えていた時で、何とも言えない気持ちにさせられます。 これらの事も、アトピーを改善させる為には、必ず行わなければいけない事です。

3 個人に合わせたアドバイス

アトピーに対するアドバイス

カイロプラクティックの観点から、それぞれのケースに合ったアドバイスですが・・・ 昔に比べて自然の環境が悪かったり、社会的なストレスや、生活習慣などを取り上げ、それが原因だと言われる方もいます。 しかし、本当に大切な原因は、個人によって違っていて、内容をお聞きした上で、それぞれのケースに合わせた内容が必要となります。 例えば、地域によって湿度が変わりますが、近畿地方に比べて関東地方は、湿度の変化が大きく、湿度の下がる冬の間は、体調が悪くなりやすいのです。 また、痒みが消えたり、肌がキレイになってくると、今まで言わなかった他の症状との関係を、気になって訪ねて来られる時も有ります。 もしも、その症状の原因となる内臓が、副腎の位置と非常に近くて、同じ神経エリアの場合は、非常に良い効果が期待できると言えます。 例えば、アトピーの他にクローン病もあった場合は、病院でもステロイドを使用し、カイロプラクティックの臨床例も同じ神経エリアの矯正する事を告げて、4か月くらい行っているうち、クローン病の症状も良くなったそうです。 ここで注意する事は、様々な症状を聞いて、それによってどのエリアの椎骨が、ズレているかを予測し、ズレた椎骨を元に戻す事が本来の目的です。 しかし、やはり症状が良くなれば、行った事が正しく、喜ばしい限りです。

根本的な治癒の意味
あえて載せている『初回の矯正で痒みを解消』の目的は、実際に受けて頂く為のもので、更に『効果が感じらない場合は無料』にしたのは、信用して頂く為の物です。 受けて痒みが消えて、やっと本当の事だったのだと・・・ しかし、これでは原因が解ったに過ぎず、悪い状態が長かった場合は、矯正した椎骨が再びズレたり、他の椎骨のズレが出てきたり、その後の通院が必要となってきます。 それに加えて、アトピーの大きな要因となる、食べ物や石鹸・保湿剤などの様々なテストが必要となり、個人それぞれの症状や内容に、併せたアドバイスも不可欠で、それらが出来てこそ、治癒と言うゴールが表れて来ます。 

簡単ですが、カイロプラクティックに基づく考え方を、説明しています。

通常の他、アトピーなどに特化した料金の案内になります。

地図と住所の案内です。

間違ったアトピー情報

巷に溢れる情報において、アトピーにお勧めのサプリメントですが、コレと言った効き目のある物は、ほとんど有りません。 ただ、その方の身体の状態によって、良くなったと感じる場合もあるとは思います。 だから、パッケージに『効果はひとによって違います』といった但し書きが、必要なわけです。

食べ物を変えれば良くなると、そう言う方もいて、野菜や果物は無農薬で、その他の食品は全て無添加で、この考え方も間違ってはいないのですが、それでもダメだったり、効果に限界を感じる方もおられます。

私が言いたい事は、ほぼ100%に近い割合で、良くなったと感じられる以外は、間違っているのではないか? と考えた方が良く、何時までも効果の無い事を続けると、良くなるきっかけを逃したり、悪い状態が普通になってしまいかねません。

特に、これだけで大丈夫などと、そう言われる方は全くの素人なので、話に乗らない様に気を付けてください。