危ない手技・治療方法

良くカイロプラクティックは危険、そう言われる理由は・・・ 民間資格で基準が無くて不安! 骨格をボキボキさせて怖い! でも、他はどうだろう?

手技や治療方法の、目的と内容

カイロプラクティックの場合

目的『内臓の機能低下を改善』 内容『椎骨を治して神経を解放』

カイロプラクティックの概念・理論

カイロプラクティックは、『内臓と症状に働きかける技術』で、椎骨のずれが原因とする理論により、シンプルに完結しています、

症状によって何処に問題を抱えているか、どの内臓の機能が低下しているか? それらをサーモグラフィック検査や、フルスパイン・テストなど、カイロプラクティック独特の検査方法で、ずれている椎骨を探して矯正を行います。

矯正方法には、ガンステッド・テクニックとディバーシィ・ファイドを用いて、ずれている椎骨だけを矯正して、内臓機能を改善させます。

内臓と症状を共に改善させる!

カイロプラクティックには、確かに様々な技術が有りますが、民間資格になっているので何の規制もされないので、全く違うことが広まっています。 不景気に加えて開業費も少ないので、その市場に初心者でも習得が可能な内容の、セミナーや講習会が増えて、それらの終了した方が開院されるケースも少なく無いようです。

また、整骨院や鍼灸師の方々も、カイロプラクティックを取り入れている場合も有りますが、改めてカイロプラクティックの学校に通う訳にも行かないので、DVDで技術をマスターされた方もおられる様です。 しかしながら、どうしてもDVDからの情報は限られており、どちらかと言うと、興味を持って貰う為の要素が多いものもあって、良く理解せずに、そのままボキボキやると必ず失敗します。

これらがカイロプラクティックの、怖くて危険な理由で、良質のというか、正しく理解して行えば、とても安全で高い効果を得ることが可能です。

特に、アトピー性皮膚炎の場合は痒みが消えるので、その場で効果が解ります。

 

他の手技や治療方法

どの様な種類の物も、『内臓に働きかける内容を持つ技術』と、『症状に働きかける内容の技術』を、個別に使用する場合が多い様です。 私もカイロプラクティック以外に、幾つかの事を学びましたが、必ず『3か月、様子を見て下さい』と付け加え無ければいけません。 理由は、カイロプラクティック程の即効性が無いから、緩やかな回復を3か月後に期待して下さいと、そう言った内容です。

アトピー性皮膚炎の場合は、内臓マニビュレーションなどで内臓の機能を改善させ、身体や顔のポイントを刺激して痒みを抑える、といった内容のもので、改善理論がそれぞれ個別で、1筋にまとまって完結していない、そんな時があります。

問題は、『内臓に働きかける内容を持つ技術』の信頼性にあり、もし内臓が改善されていない場合、『痒みなどの症状に働きかける内容の技術』だけが働き、痒みはギリギリ抑えられているけど、症状は益々酷くなるケースがあります。 3か月が経過し、効果が得られなかった場合、再び『3か月、様子を見て下さい』と言われた場合、あなたならどう思いますか?

確かに効果は人によって違いますが、改善にはそれなりの過程が必要となり、その責任は手技や治療を行っている先生(施術の技術を教えてくれた先生や経営コンサルタントの先生では無く)に、全てを負う事になってしまうので、行う側としても慎重にならざるを得ません。

 

補助となる、アドバイスやサプリメント

生活習慣や食品に飲み物など、これらに対するアドバイスは必要ですが、中には漠然とし過ぎで、返って不安になられる方もおられます。 これらの不安は、手技や治療に対して『効果が出ない』と、そう言う理由から出ですが、インターネットなどの情報がとても多く、それをそのまま伝えるから、余計に伝わらないのだと感じます。

手技や治療を受けられている方で、もし不安になった時には、何に対してそう感じるのか、先ずは手技や治療を行っている先生方に聞いて、自分でもインターネットなどで調べる、そう言った事柄も必要な時が有ります。

カイロプラクティックと、様々な手技・治療方法

カイロ先生

圧倒的に良いイメージを持たれていない、カイロプラクティックですが、手技や治療の業界内でも、解らない方が多い様に感じます。

ヨイコ先

カイロプラクティックは背骨の椎骨を正しい状態にして、神経系のシステムを正常にする事で、内臓の機能を改善させるのが、本来の目的なので、筋肉や経絡のツボに働きかけるマッサージや鍼灸、整骨院とは全く違うアプローチですね。

カユミさん

やっぱり先ずは、保険に効く所に行ってみて、それでダメなら次の所で・・・ 整体院やカイロプラクティックになるのかしら?

カイロ先生

急性の捻挫や打身、打撲・脱臼・骨折・筋肉痛・肉離れと言った症状を柔道整復術で治すのが整骨院です。 主に慢性的な症状に対して、鍼やお灸で、経穴(ツボ)に刺激を加える鍼灸院。 筋肉の緊張を緩和する為、皮膚を刺激して血液・リンパの循環を改善させるマッサージ院ですが、保険医療機関とは認められていないので、「やむを得ない」と認めた場合のみ、健康保険を使えることになっています。

ヨイコ先

はり・きゅう、マッサージの保険適応には、医師の同意書や診断書が必要で、適応外の施術を行ったら、通常の整体院やカイロプラクティックなどと、同様の実費がかかります。

カイロ先生

柔道整復師の専門学校が増えると共に、柔道整復師も毎年増え続けた為、個々の経営や国の保険を圧迫する状態になってしまいました。

ヨイコ先生

鍼灸院や整骨院を経営する先生の中には、厳しくなる保険よりも、別の手技や治療方法を積極的に取り入れ、保険診療から自費診療へ切り替える、そういう動きが出てきています。

カイロ先生

資格も必要とせず、開業費も少ない整体院は、全くの初心者にも敷居が低く、また様々な施術の技術が次々と出て来ていますが、中には全く効果の無い物も有り、先生がそれを施術に用いられた場合は、患者さんは改善されないまま、通院させられる事になりかねません。

カユミさん

やはり自分で行って、受けてみないと、効果なんか解らなそうね。

ヨイコ先生

特にアトピーなどで、症状が酷い状態の場合は、誰かに気兼ねする必要はなく、幾つか通ってみて自分に合った治療院を見つけることが大切ね。
危険な治療方法

カイロプラクティックは良く、危険な手技とされますが、それは素人が行ったからで、なぜ行えるかと言うと、何の規制も無いからで、医師による手術の様な、生命に直接に関係しない為、軽い気持ちで行う方が居るのも事実です。

そこで、より安全な手技療法が好まれ、安全で習得し易い技術は、初心者にも広く使われている様ですが、本当に症状が良くなるのかが問題です。

ここで取り上げる『危険な治療方法』とは、一向に効かない施術を続けてしまい、その結果として症状を悪化させてしまうケースです。

臨床心理学の用語で、セラピストとクライエントとの間における、相互の信頼関係を構築する技術に、ラポール (rapport) と呼ばれるものがあり、ビジネスや政治をはじめ、教育などの様々な方面では常識になっています。

治療院を経営されている中には、これらの技術も用いる先生もおられ、施術を受ける患者さんは安心されるのですが、もし何時までも症状が悪いまま良くならない、あるいは酷くなった場合、全てが施術を行う先生の責任となってしまいます。

確かに効果には、個人差はあるのですが、やはり90%以上の人に認められない場合は、使用している技術を疑った方が賢明だと思います。