花粉症

毎年この季節にやって来る・・・ 原因は解っているし、防御策だってマスクと鼻炎薬に、防塵メガネと目薬で準備している! でも、何とかならないのか?

花粉症の原因と対策

アレルゲン物質である、花粉を避ける!

マスクに目薬・鼻炎薬でOK?

季節による花粉の種類

春先に見かけるマスク姿は、ほぼスギ花粉を患っている方で、他には花粉除けのメガネ(ゴーグル型)などで、花粉の付着を防御している。 鼻炎を抑える点鼻薬や挙げ痒みを解消する目薬に、鼻炎に効く漢方薬や、ハーブティーをはじめとする様々なお茶・・・

しかし、中には複数の花粉がアレルゲンとなる場合がある。 例えばイネ科の植物は、数種類のアレルギー反応をテストするのだが、それらが全て陽性だった場合は、それぞれが季節ごとに代わって発生する為、植物が育たない冬の間だけ、症状が静まるといった自体になってしまう。

アトピーと比べて原因が解っているとはいえ、その内容によっては、やはり大変な思いを強いられるケースが有ります。

他の対策

よく言われるのに、花粉の付着しないコートをはおり、室内には持ち込まない、持ち込んだ花粉は空気清浄機できれいにする方法は、ある程度の有効性があるそうです。 しかし、家庭にいる時間の長い主婦や、在宅ワークを主な仕事にされている以外は、周囲の環境をコントロールする事は難しく、自らを花粉に対する抵抗力を作らねばなりません。 中には花粉を舌の裏側に入れ、自らの免疫力を高める「舌下免疫療法」を、されている方もいたのですが、効果が出るのに3年間かかるそうで、途中で挫折をしてしまいました。

カイロプラクティック

カイロプラクティックは、椎骨のズレを治す事によって、ダイレクトに副腎の機能低下を元に戻すので、花粉の種類は関係なく炎症を抑える事が可能で、鼻の粘膜を刺激する鼻炎や目の痒みが止まらない結膜炎など、強い効果を発揮します。

自らの治癒力を働かせる事は、様々なメリットが有ります。 例えば、料理を作る調理師など、キッチンとカウンターが近いお店の場合、もし、くしゃみをされていたら、出された料理を気持ち良く頂けるでしょうか? ソムリエの場合も、鼻が詰まったりしていては、テイスティングも出来ません。 歌手に限らず声楽家の方も、思った通りの音程や歯切れの良い声は難しいでしょう。 また、普通の生活を送られている方でも、これらの症状が出ない生活が出来たら、とても快適に過ごす事が可能です。

花粉症に対して

カイロ先生

やはり、肩こり・腰痛などの解消が目的で、それが良くなってから、他の症状を尋ねると、花粉症が何とかならないか? って聞かれるパターンが多いですね。

カユミさん

そうよね、骨格を治して鼻炎や目の痒みが、消えるなんて思わないわ!

ヨイコ先生

花粉の種類が、スギに限定される「舌下免疫療法」より範囲が広いし、他の方法よりも効果が有れば、行ってみても良いですね。

カイロ先生

取り敢えず、色んな花粉症対策のモノで、試してみて過ごせる様でしたら、それで構わないと思いますが、症状が酷くてカイロプラクティックで改善したい時は、こちらをお試し下さい。
花粉症に対するカイロプラクティック

医師による治療方法は、症状によって薬やレーザー、手術といった、様々なものが有り、最適な方法が用意されております。

これらは標準的に行われるものですが、アレルギー反応が起こりにくくする為のものなので、体質を変える事による改善を希望される方には、カイロプラクティックはとても有効で効果的な手段と言えます。