アトピーの原因

何故!?
何故!?

アトピーの由来

アトピーという名称の由来は、「特定されていない」「奇妙な」という意味のギリシャ語「アトポス」(atopos – a=否定、topos=由来)であり、1923年にアーサー・フェルナンデス・コカ(ポーランド語版) とロバート・アンダーソン・クック(英語版)によって命名された。アトピー性皮膚炎という言葉が医学用語として登場するのは、1933年である。アメリカ人のザルツバーガー皮膚科医が、皮膚炎と結びつけてアトピー性皮膚炎 (atopic dermatitis)という病名を初めて使用した

上は、出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』からのものです。

アトピーの原因
アトピーの原因は何なのか??

アトピーが命名されてから100年ちかく経過し、自己免疫の過剰反応に外的な要因が加わって、症状を悪化させている事が解ってきました。

日本皮膚科学会による、アトピー性皮膚炎診療ガイドラインでは、下記の記載があります。

アトピー性皮膚炎は,増悪と軽快を繰り返す瘙痒のある湿疹を主病変とする疾患であり,患者の多くは「ア トピー素因*」を持つ。

何故!?
アトピー素因は?

更に、 アトピー性皮膚炎診療ガイドラインにおける、 「アトピー素因」については次の様になっています。

「アトピー素因」について
 ①家族歴・既往歴(気管支喘息,アレルギー性鼻炎,結膜炎,アトピー性皮膚炎のうちいずれか,あるいは複数の疾患),または② IgE 抗体を産生しやすい素因.
アトピー性皮膚炎の定義ではアレルギーの存在は必須ではない.これは診断においてアレルギーの証明が必須となるアレルギー性鼻炎などとは異なる
.家族歴,既往歴では蕁麻疹を考慮しない.IgE 抗体を産生しやすい素因は血中総 IgE 値とアレルゲン特異的 IgE 抗体価を考慮する.総 IgE 値は皮膚炎の活動性に応じて上昇するため,軽症では低値のことが多い.軽症の場合はアレルゲン特異的 IgE 抗体価が参考になる.

これは、ご家族の中に『気管支喘息,アレルギー性鼻炎,結膜炎,アトピー性皮膚炎のいずれか,あるいは複数の疾患が有る場合』遺伝となる時が有り、 そして、アレルギーの診断が無い場合も、アトピーは発症しますよ・・・

また、アレルギーと深い関係がある免疫物質『IgE抗体』を、作りやすい体質の場合も含まれます。

同じく、その原因について、アトピー性皮膚炎診療ガイドラインはこの様に述べています。

アトピー性皮膚炎は多病因性の疾患である.アトピー素因(体質)とバリア機能の脆弱性等に起因する皮膚を含む臓器の過敏を背景に,様々な病因が複合的に関わる事がアトピー性皮膚炎の病態形成に関与する.

皮膚の過敏

アトピー性皮膚炎診療ガイドラインより

他には下記の事が挙げられています。


遺伝的要因:アトピー性皮膚炎と関連のある候補遺伝子。

発症因子・悪化因子:治療へのアドヒアランスはもとより、職場および日常生活環境における抗原や刺激物への曝露、ライフスタイルと温度や湿度といった環境因子、皮膚の生理機能の変調は皮膚炎の維持および増悪に関わる.アトピー性皮膚炎の痒みの誘発・悪化因子として温熱、発汗、ウール繊維、精神的ストレス、食物、飲酒、感冒などが特に重要とされる。

アトピー性皮膚炎診療ガイドライン

サーモグラフィック検査
サーモグラフィック検査

カイロプラクティック的な考え方

遺伝的要因についてですが、症状に関連性のある内蔵の働きが、受け継がれている場合は、それも要因と言えるかもしれません。

しかし、顔や身体つきといった、関連性の無さそうな筋骨格が、遺伝として受け継がれていて、ある箇所が親と同様に歪みやすく、その箇所が症状の関連する内蔵の神経エリアだった場合、元の状態に戻すと内蔵の働きも正常に機能し、症状も治まる。

つまり、遺伝子レベルでのアトピー素因は仕方が有りませんが、椎骨のずれによる神経圧迫が原因である場合は、治す事が可能なわけです。

全脊柱の検査
脊柱の検査

また、発症や悪化の因子とされる、職場などを含めた生活環境や、温度や湿度といった地域的な環境などは、なかなか改善が難しく、アトピー性皮膚炎の痒みを誘発させる、発汗、ウール繊維、精神的ストレス、食物、飲酒、などの直接的な問題を解消しても、一向に症状が収まらない時は、カイロプラクティックが非常に有効な場合が有ります。