腰痛と座骨神経 50代女性


腰痛と肩こりはライズ カイロプラクティック

症状によって、いろいろな所を探しては比較して、自分の行く治療院を選ばれますが、改善されないと仕事に差し支えるので、少し離れていても納得できる所を選ぶ場合があいます。

この度みえられた女性は宅配業を仕事にしておられ、長年にわたる腰痛が特に酷くなり、座骨神経まで広がってしまい、早く改善するために来られました。

痛みは腰と右の骨盤後方、そして殿筋から大腿部側方にかけて、重く痺れるような違和感があります。

そして背中の痛み・・・

サーモグラフ検査のでは、後頭骨及び胸椎の6・7、そして腰椎5がレッドのブレイクが見られます。

ちなみにこのラインは、椎骨間にある神経が圧迫された状態で発生する、温度変化をキャッチしてグラフィックスに表示してくれます。

つまり1番上のレッドは後頭骨と頚椎1の間の神経圧迫を示唆しており、同様に腰椎5は骨盤の仙骨や腸骨に問題があってのものだと、考える事が出来ます。

他の検査から下した結果は、頚椎2と胸椎7、腰椎5及びひだろの骨盤と仙骨にずれが確認されました。

この場合の頚椎2について、色はグリーンですがこの部分だけ極端に短くなっているのは、同じブレイクでも慢性化している場合の反応なのです。

また酷い腰痛の原因は、腰椎と骨盤供にずれているので、当然の症状だと言えるでしょう。

特に、最初に行った腸骨の矯正は、驚くほど解消された事もあり、その後の背中や頚椎の矯正もスムーズで、楽しんでおられるようでした。

2ヶ月くらいでしょうか、週に1度通われていましたが、今では悪くなった時にみえられ、一緒に行う小顔矯正も楽しみにして頂いてます。


下はリスティングと、アジャストメント矯正後のグラフです。

女性 50代 腰痛 右・腰部骨盤大腿部 座骨神経  背中の痛み 
 
頚椎 C2-PR  
胸椎 T7-PL 
腰痛 L5-PR
骨盤 L-EX S-PR


腰痛と肩こりはライズ カイロプラクティック

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

0120-805-808 お問合せフォーム