腰痛から股関節と痔 30代女性


腰痛 股関節 痔はライズ カイロプラクティック

腰痛と肩こりはセットになっているのかしら? と、思えるくらい供に発症しています。

ただ余りにも腰痛が酷い場合、他の症状は隠れて気が付きません。

今回の症状は、とにかく腰が痛いという事で、腰から股関節や膝に痛みが広がっている状態で、座っていても痛いし立ち上がる時も痛い。

股関節の痛みは、上部腰椎がずれていると表れやすく、膝の痛みは下部腰椎がずれていると推測されます。

また、大腿部後方の痛みや、立ち上がる時に発生する痛みからは、骨盤のずれも考えられるので、早速検査にはいります、

サーモグラフの検査で腰痛に該当する所は、腰椎の1と5にイエローでブレイクが見られます。

レッグテストや触診、スパイナルテストなどから、骨盤は左の腸骨が外方・右が後方にずれて、更に仙骨が左にずれているといった状態で、症状のおおよそはこれらが原因と思われました。

矯正してみると痛みが半減して、このままでも治りそうな感じまで改善されました。

それでも未だ痛みが残っているので、脊柱の検査に移ります。

腰椎では、1と4にずれが認められて、それが残った股関節などの痛みに関係していると思われ、ニーチェストテーブルにて矯正を行いました。

小さな違和感は、頚椎1の矯正によって無くなったのですが、今まで気にならなかった肩こりが酷く感じる・・・ という事で、最後はあまりする気のなかった頚椎の7を矯正して終了です。

途中で小さく声を上げられたので、何か悪い所があったのか尋ねてみると、矯正された瞬間に、痔が治ったのを感じたそうです。

腰椎を矯正する事によって腹筋が改善し、内臓の上からかかる圧力を防いだ為で、カイロプラクティックの臨床にも挙げられている。

施術後の説明は、とても興味をもって聞いておられ、それからは子供さんも一緒に受けにこられます。

症状が解消したのは、あくまでも結果であって目的は、神経の圧迫を取り除く事です。


下はリスティングと、アジャストメント矯正後のグラフです。


女性 30代 腰痛 股関節 痔 頭痛 
 
頚椎 AT-LSP C7-PL
胸椎 
腰椎 L1-PL L4-PL
骨盤 L-EX R-PI S-PL

腰痛 股関節 痔はライズ カイロプラクティック

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

0120-805-808 お問合せフォーム