顎関節の痛み 30代女性

高津区・二子玉川 顎関節の痛み ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

現代において、軟らかい物を好んで食べる食生括の影響から、顎がほっそりとした顔つきの方が増えてきているそうです。

また、寝ていいるときに起こる歯ぎしりや噛みしめ(クレンチング)など、無意識のうちに上下の歯をすり合わせたり、上下の歯を強く食いしばることで、顎に負担をかけてしまう事も、顎関節症の原因ともなっています。

自分では意識をしていませんが、朝起きると顎がだるいという方は、無意識のうちにこういった噛みしめを、行っていることが考えられます。

無意識なので自分では気が付かず、何かはっきりとした症状でて、初めてそれに気が付く場合も有ります。

こちらの方は10年ほど前に顎が外れた事があり、今回も外れたので自分で入れたが痛みが残ってしまい、ただ安静にしている様いわれたのですが、あまりに痛みがひどいので来られました。

顎関節におけるアプローチは幾つかありますが、まず上部頚椎の矯正から行います。

概ねは、これで痛みが軽減されます。

もし軽減されなかった場合は、反射点から咬筋などの緊張を解いてみます。

これでも軽減されなかったら、顎関節のアジャストメントと呼ばれる矯正を行います。

もちろん検査も行いますが、顎関節は身体の様々な所との関係が複雑で、なるべく他の原因を無くしてから、矯正に行く方が良いと思われるからです。

その理由は、顎関節は痛みが無い場合は矯正してはいけないので、他の箇所が原因だった場合には、かえって悪化させる時が有るからです。

今回も他の個所の問題を無くし、まだ痛みが残っていたので、矯正を行いました。

矯正方法は幾つかある様ですが、オーソドックスにディバーシィファイドで行いました。


下記は、来られた方のリスティングと、矯正後のサーモグラフの検査です。

女性 30代  顎関節

頚椎 AT-LL 
胸椎 T3-PL
腰痛 L1-PL
骨盤 R-PI
恥LR
顎関節 L-PS

高津区・二子玉川 顎関節の痛み ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

0120-805-808 お問合せフォーム