腰痛と下肢のしびれ

asi.jpg

来られるきっかけも様々ですが、下肢の痺れが気になって来られる方もいらっしゃいます。

腰痛が昔からあり、ブロック注射を5年前に受けてから下肢の痺れが発生し、場所はちょうど黄色で示した部分で、神経の支配では腰椎4・5、仙骨となります

他には、足首から下に力が入らなくて、足先が上にあがらない・・・

これらから、腓骨神経の麻痺が浮かびます。

今までの経過を聞くと、整形外科でおこなったMRIや、レントゲンも含める全ての検査で問題が無く、他の治療院も全て試したが、カイロプラクティックや整体など、骨格を矯正した事は未だないとの事でした。

つまり、全く違うアプローチが有効である可能性が高くなります。

というのも、すでに様々な方法で検査しスクリーニングにかけられた状態で、異常が無いと判断されている、という事は神経系の圧迫が関与している事が考えられるからです。

サーモグラフのスキャニングテスト、フルスパインのスパイナルテストから、リステイングを作成してゆきます。

リスティングとは、骨格を構成している椎骨のズレ方を、記号で表したカイロプラクティック独特の表示方法で、諸外国でも共通のものとなります。

今回は骨盤の右に後方変位と、腰椎5番の右方変位が確認されました

最初に骨盤の矯正で確認してみると、痛みが軽減されたようで、次におこなった腰椎の矯正で、残りの違和感が消えたそうです。

完全に治ったわけでは無い為、しばらく通った方が良いのですが、遠方の方なので足を組むくせなどをやめて頂くといった事を説明して終わりました

翌日であった時はとても喜んでおられ、友人の前で歩いて見せてくれたのだが、足先が上がっていないので、完全に良くなったわけでは無い事を確かめると、それでもここまで良くなったら大丈夫だといってもらえた・・・


少し忘れかけていた、自然に治るちからを気付かせてもらえるアジャストメントでした。

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

0120-805-808 お問合せフォーム