腰痛と座骨神経痛


座骨神経痛は高津のライズ カイロプラクティック


座骨神経は、末梢神経の中でも最も太くて長い神経で、腰椎4・5及び仙骨1・2・3から始まり、殿部の梨状筋という筋肉の下を通って大腿部の裏を通り、膝の裏側で総腓骨神経と脛骨神経に分かれます。

この座骨神経が何らかの原因で、圧迫される事により発生する神経痛が、座骨神経痛態です。

したがって、腰と臀部にのみ痛みや重さが表れる腰痛と違い、下肢にまでその症状は拡がります。

症状の表れ方は座骨神経に沿って生じる為、臀部から大腿部の後ろにかけて、強い痛みや重い痛み、あるいはビリビリとした痛みなどの他、痺れたりマヒといった感じに変わったり、時によっては踵や足の裏にまで、痛みの範囲が広がる場合もあったりしますが、その感じ方は人によって様々です。


具体的な坐骨神経痛の症状では、坐骨神経の走行に沿って腰から大腿部後面、ふくらはぎに痛みが走り、痛みがひどくなると座っていられないほど、両足に痛みやしびれが現れます。

通常は、片側だけに坐骨神経痛が現れる事が多いですが、両足に症状が現れたときには他の疑いもあるので、精密検査が必要な場合があります。

主な原因

・腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんへるにあ)
椎間板の内側にある髄核が繊維輪を圧迫したり、完全に飛び出して神経を刺激する疾患で、20〜30代の比較的若い男性に多く、特に重い荷物を持ったり、同じ姿勢を長時間強いられる方に可能性があります。

・腰椎すべり症
椎間板が椎骨を支持できずに、腰の椎骨が前方に(まれに後方に)すべってズレを引き起こす為に神経が入っている脊柱管を圧迫し、痛みやしびれを発生させ、ぎっくり腰のような強い痛みを発生する場合もありますが、軽い違和感を生じたまま、徐々に進行していく時もあります。

・変形性腰椎症(へんけいせいようついしょう)
腰骨からの加重によって椎間板の形が変わり、骨が増殖してトゲのような形(骨棘)になる事によって、神経を刺激して痛みやしびれを引き起こす疾患で、50〜60代の方に多くみられ、動きによって痛みが発生するので、動くことを避けるようになる為、やがて筋肉が衰えて骨棘がさらに大きくなって更に悪くなる場合があります。

・脊柱管狭窄症(せきちゅうかん きょうさくしょう)
上記3つの症状が組み合わさり起きる疾患で、60代以上の高齢の方に多く発生がみられます。

・梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)
梨状筋は、仙骨と大腿部の外側に位置する大転子とを繋ぐ筋で、無理な姿勢や疲労などによって緊張が固まり、神経を刺激しては殿筋の上から、外側にしびれを起こします。症状は椎間板ヘルニアに似ており、スポーツで発生することが多い症状です。

・仙腸関節障害(せんちょうかんせつしょうがい)
骨盤を構成する左右の腸骨と真ん中の仙骨とを繋ぐ関節が仙腸関節で、必要以上の負荷がかかったり、無理な姿勢を続けたりする事によって、正常な可動域がなくなり、腰や臀部の痛みを発生させますが、急に立ち上がったり、歩行中に出る場合も仙腸関節障害を疑います。

・筋肉の緊張
臀部や大腿部の筋肉の緊張によって生じるコリが、痛みやしびれを発生さている場合が多く、筋肉をよく揉みほぐしたり、入浴などで緊張をなくす事によって軽減させる事が可能です。


カイロプラクティックのアプローーチ

腰椎の椎間板が狭くなり薄くなると、狭窄症を起こして脊髄を圧迫し症状が両足に出時もあり、このようなときは1日に数回、椎骨を持ち上げるような矯正をソフトに行います。

仙骨が原因で坐骨神経痛になっているときには、腰椎には触らず仙骨に接触して、やはりソフトかつ正確に矯正します。

坐骨神経が圧迫されている個所を、正しく矯正しなければ、痛みやしびれは腰から大腿部、膝からふくらはぎ、足首、足へと広がっていくおそれがあり、早期の処置が必要です。

坐骨神経が圧迫されている椎骨を、正確に矯正する事によって、痛みは上方へと移動して行くので、症状が膝の上まで来れば、矯正を中止して白然に回復するのを待ちます。

もし矯正後、神経圧迫は取れたにもかかわらず、患者の痛みが続く場合は、梨状筋、大殿筋、中殿筋、小殿筋などを緩めてます。


お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

0120-805-808 お問合せフォーム