腰痛と膝の痛み 40代男性

高津区・二子玉川 腰痛 膝の痛み ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

膝の痛みや違和感の原因は様々ですが、長期間に渡る下肢(太ももやふくらはぎ)を酷使するような仕事、あるいはスポーツを続けた事が原因になるケースが多い様です。

もともと仕事で疲れて行うメンテナンスには、筋肉に対してのアプローチが主で、骨盤などに対しては殿部や大腿部(太もも)・下腿部(ふくらはぎ)の、強張った筋の緊張をほぐす事を目的とした場合が多く、カイロプラクティックにみられる骨格のずれに対しては少ない様です。

スポーツの場合は、その種目によっても違いますが、酷使した結果あるいは強いられる事もあって、それをケアする事は必要に感じていても、プロの選手で無い場合は、つい等閑になってしまう様です。

またプロの選手の場合ですと、それぞれのスタッフがいて、当然カイロプラクティックが使用されるケースも見られ、今度の東京オリンピックにも採用されるようです。

膝の痛みですが、骨盤と腰椎がずれて発生する場合が多く、その結果として、股関節や膝自体がずれるケースもみられます。

下肢の説明図

左は後方から見た図で、骨盤が外方(R-EX)へとずれた状態です。

右は前方から見た図で、骨盤のずれに連動して股関節の部分は前にねじれ、下肢が内側へと軸転した状態です。

もし股関節や膝関節にずれが生じていれば、それも矯正が必要ですが、まず骨盤を構成する左右の寛骨と、真ん中に位置する仙骨を、それぞれ正確に矯正する事から始まります。


下記は、来られた方のリスティングと、矯正後のサーモグラフの検査です。

男性 40代  腰痛 膝 

頚椎 AT-LL
胸椎 T1-PL T12-PL
腰椎 
骨盤 L-EX

高津区・二子玉川 腰痛 膝の痛み ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

0120-805-808 お問合せフォーム