膝の痛みと骨盤 30代女性

高津区・二子玉川 膝の痛みと骨盤 ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

よく言われる事に、骨盤の歪みによって、膝と腰のずれが発生するならば、骨盤がずれを起こさなければ良いのでしょうか? との事で、その通りですとお答えしています。

骨盤の歪みについては、様々な事が原因とされていて、よく言われるのが、脚の組みかたが常に同じの場合です。

これは左右で組んだ上の脚が、上方に持ち上げられることで、骨盤とに関節である股関節が前方に引っ張られて、骨盤が歪みます。

また、立っている際に、どちらかの脚に体重をかけている場合も原因となります。

こちらは体重を掛けた方の脚が、先ほどと逆の方向に押されて、骨盤が歪みます。

これらは、日常におけるデスクワークの座っている時や、通勤中の電車の中とかホームなどの、立っている時など、知らないうちにずれが出来てしまう場合がほとんどです。

もちろん最初は、ずれた状態などほんの僅かなので、違和感を感じる事はありません、しかし身体の方はこの無理な姿勢からくる負担に慣れ、ずれた状態が酷くなって行きます。

しかもずれる方向は、かかる力によって左右にもずれる為、股関節や膝へのダメージも考えられます。

骨盤のずれはどの様な内容でも、必ず中央にある仙骨にも影響して、それは仙骨から後頭骨までの脊柱すべての椎骨に、補正作用としてのずれを発生させる事になります。

その脊柱に起こったずれは、更に他の椎骨に対しても補正作用として、新しいずれへと繋がる場合も多く、なるべく早い状態での矯正が必要となってきます。

こちらは膝の内側と脚の後方が痛く、立ち上がる時も痛いと言う事でした。


下記は、来られた方のリスティングと、矯正後のサーモグラフの検査です。

女性 30代  膝 腰痛

頚椎 AT-LSP
胸椎 
腰椎 L4-PL
骨盤 L-PIEX

高津区・二子玉川 膝の痛みと骨盤 ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

0120-805-808 お問合せフォーム