腰痛と頚椎 40代女性

高津区・二子玉川 腰痛と頚椎 ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

腰痛は、主に骨盤と腰椎のずれから発生します。

もちろん他の原因として、椎間板が薄くなったなどの、構造的問題もありますが、それでも正しい状態に戻すと、腰痛が消える場合があります。

関節の炎症に良いと言われるコラーゲンなどもあって、うちにも置いていますが、あくまでも補助的なもので、まず骨盤と腰椎を正しい状態にします。

ちなみに、当院においてあるコラーゲンは分子量が3000と、かなり小さいそうで小腸の吸収出来る大きさの10000を大きく下回りますが、自然の食品から得られる分子量は300000で、吸収が難しいそうです。

実際にコラーゲンで良くなった方もおられますが、それでも骨格がずれると痛みは発生します。

様々な腰痛に関するものがあり、コルセットやサポーターなどの他にも、椅子や車のシートに装着するクッション、人間工学に基づいた椅子など、腰痛にならない為あるいはそれ以上に酷くならない為に、用意されているようです。

しかし、完全にずれてしまった椎骨は、自然と戻るのが難しく、身体を左右どちらかに捻じってみて、どちらか行きやすい方にずれているのが、何となくわかる場合は、逆の方向へと捻じる方がいます。

この場合、ずれてしまった椎骨はロックされた様に動く事が出来ないので、代わりに可動性のある悪く無い椎骨が、代わりにづれてしまいます。

この時、矯正音もしたり、交感神経が刺激されて、気持ちが良い感じはするのですが、痛みがぬけておらず、そのうち新しく作った椎骨のずれまで、違和感を訴える事があります。

だから悪い個所を探して、椎骨のずれを治す事が必要になってくるのです。

今回の方は、いくつものずれが有り、それも次第に少なくなって来たのですが、まだ長い期間をかけて作られらずれが残っています。

特に上部頚椎は、あらゆる補正作用が働くので、非常にずれやすくまた、違和感を発生させたりもします。

よくある事ですが、今回も腰椎の矯正後に、まだ残っていた違和感が、頚椎1・アトラスの矯正によって、無くなりました。


下記は、来られた方のリスティングと、矯正後のサーモグラフの検査です。

女性 40代  腰痛 膝

頚椎 AT-LSP
胸椎 T7-PL
腰痛 L2-PL
骨盤

高津区・二子玉川 腰痛と頚椎 ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

0120-805-808 お問合せフォーム