背部痛と肝機能 50代男性

高津区・二子玉川 背部痛と肝機能 ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

いつも来られるたびに、肝臓が痛いといわれる方がいます。

たんに背中が痛いだけの場合もありますが、実際に調べてみると、肝機能が低下している場合があって、笑い話では済まなくなります。

もともと肝臓には神経が通っていないため、『沈黙の臓器』と呼ばれるように、多少の痛みや機能低下では、ほとんど自覚症状が無いのです。

つまり、ほとんどの人は自分でも気がつかないうち、肝臓を酷使して機能を低下させている恐れがあります。

肝臓の機能低下や疾患は、肝臓そのものの痛みとしては現れませんが、 他の箇所に症状が現れます。

特に黄疸は、肝疾患において最も典型的な症状で、眼球の白目の部分に現れるのが確認できます。

これは、肝臓が古くなった赤血球を破壊し、ビリルビンという黄色い色素が、胆汁中に排出されるのですが、肝臓の機能が正常に働かないため、胆汁ではなく血液中に漏れてしまうため、黄疸が出てきます。

しかし、そこまで肝臓が機能低下に至るまでには、身体がだるいなどの倦怠感・微熱・強い眠気・不眠などの症状のほか、食欲不振・体重減少・膨満感・急にお酒に弱くなる・脂肪便(便の色が白い)・尿の色が黄褐色になるといった、様々なサインが現れるので、肝臓が気になる方はこれらを注意されると良いかもしれません。

カイロプラクティックでは、肝臓の機能低下を交感神経系の圧迫によるものとし、胸椎4から胸椎7の神経エリアより、ずれた椎骨を探して矯正を行います。

今回は予め、肝機能のテストを行ったところ、機能低下が見られたのですが、矯正後に再び検査を行うと、反応がきえていました。

もちろん肩こり、背部痛も解消されており、良いメンテナンスが行えました。


下記は、来られた方のリスティングと、矯正後のサーモグラフの検査です。

男性 50代  肩こり 背部痛

頚椎 
胸椎 T1-PL T7-PL 
腰痛 
骨盤 L-PI

高津区・二子玉川 背部痛と肝機能 ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

0120-805-808 お問合せフォーム