肩こり、腰痛と膝痛 40代男性

高津区・二子玉川 肩こり 腰痛 膝はライズ カイロプラクティック 初見料が無料

最初に来て頂いたときには、問診表といったシートにつらい症状を書いて頂いてます。

これは、どこの治療院や整体院もそうだと思いますが、まず悪い個所を御客様と施術者のどちらもが、認識しておかなければなりません。

そしてその内容によれば、どこまで酷くなっているかなど、状態の進行具合もある程度知ることが可能です。

例えば、肩こりの場合だと頭痛があるか、冷え性になっているか? もしなっていれな甲状腺の機能まで関係している事になります。

また、痛みは方の方まであるか、手の指まで感覚に問題があれば、頚椎の下部から胸椎の上部の間で、ずれが発生しているといった、おおよその推察が出来ます。

これは腰痛でも、鈍い痛さや重たい感じだと骨盤、ここが痛いといった痛みは腰椎といった情報が解り、更に座っているときに痛いとか、歩いているときに痛い、膝の前が痛い、膝の後ろが痛いなどの症状から、おおよそのずれている個所が推察出来ます。

しかし、施術の過程において、辛かった症状が消えると、次の症状が気になってくる場合があります。

来られた時は、とにかく腰が痛くて力が入らない状態で、サーモグラフ検査とフルスパイン・テストによって、得られた情報から矯正をしてゆきます。

骨盤と腰椎5の矯正で痛みが消えて、次ぎは膝の痛みが気になるので腰椎2を矯正、次は肩が痛いので頚椎7の矯正。

これは予め、検査で解っていたずれの状態ですが、本人には1番痛い所が強く、問題が解消する度に、次の悪い個所を脳が教えてくれるからです。

最後の頚椎1・アトラスとも呼ばれている所ですが、この椎骨は色んな意味でずれやすく、あらゆる機能に関係してきます。

今回も、それぞれの検査で反応認められたため、矯正を行いました。

矯正の方法は、ガンステッドによるものやディバーシィファイド、またアッパーサービカルと呼ばれるものを、その時の状態で使い分けています。


下記は、来られた方のリスティングと、矯正後のサーモグラフの検査です。

男性 40代  肩こり 腰痛 膝

頚椎 AT-PLS C7-PL
胸椎 
腰痛 L2-PL L5-PL
骨盤 L-PI

高津区・二子玉川 肩こり 腰痛 膝はライズ カイロプラクティック 初見料が無料

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

0120-805-808 お問合せフォーム