肩こりが良くならない時

肩こり肩こりを説明される場合、自らの手でこの辺りと押さえて、場所を示される方がいます。ちょうど肩こりの発生するエリアでもある、頸椎の6番目から胸椎の3番目までにあたるので、その中からズレのある椎骨を調べます。

この場合、上肢や指に発生する違和感などもあわせて、問題のある椎骨を選んで検査していき、矯正となります。ほとんどの場合が改善されますが、中にはさほどでもなかった・・・ などの場合もあって、翌日の効果に期待をかけます。

しかし、期待に応えられなかったらどうでしょうか?

一般的にいわれる、違った箇所を矯正した可能性もありますが、まれにズレている椎骨と肩こりの症状に関係している椎骨が、違う箇所の場合があるため、それらの事をあらかじめ、説明しておく必要が有る事を再認識させられます。

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

0120-805-808 お問合せフォーム