花粉症などのアレルギー性鼻炎・結膜炎

allergietop.jpg

アレルギーは、アトピーと違って症状を引き起こす原因である、アレルゲンが要因となります。

つまりアレルギーは、その原因であるアレルゲンに関わらなければ、発症しない事になりますが、その原因が日常に存在する花粉(花粉症)とか食べ物(食物アレルギー)といった、関りを絶つ事が難しかったり、その原因となるアレルゲンの種類は1つでなく、複数に渡る場合が多いのが現状です。

allergie1.jpg allergie2.jpg
つらい花粉症も大丈夫! あなたと同じ鼻炎や目の痒みに悩んでいた人も、当院のカイロプラクティックで改善されています。
test00.jpg test01.jpg
世界で認められた技術


なぜ認められたか? 理由は、症状が改善されるからです。
その為に、脊柱(背骨)の状態を視覚できる、コンピュター・サーモグラフィックや、ずれた個所を正確に教えるナーボ・スコープといった検査機器を使用します。

さらに正確さを求め、検査結果をスクリーニングにかける作業として、全ての椎骨を1つひとつ個別に検査ができる、フルスパイン・テストを用いて、原因となっている椎骨だけを確定します。

これで、アジャストメントと呼ばれる矯正を、行う準備ができました。
矯正の方法は、原因となっている椎骨だけを正確に矯正するため、ガンステッド・テクニックを主に使用します。

これらの工程を行う事により、あなたの症状を改善します。



allergie3.jpg


症状:花粉症 女性 22歳



koe0213.jpgkoe0213a.JPG


施術したとたんに、目のかゆみや鼻水などの症状がおさまり、全くかゆみを感じなくなったのでおどろきました。
長年この季節になると花粉症になやまされてきたので、わずか数十分間の施術でなおってしまい感激です。
もっと早く来ればよかったです。


症状:花粉症 女性 28歳



koe0411.jpg50voice03.png


はだあれがひどく、ゴワつき・ちいさなポツポツがたくさんありましたが、なめらかになったことに驚きの結果でした。
また、全体的にあった赤みも落ち着きました。
不調が出てきたら、また来たいです。


アレルギーについて

厚生労働省の調べによると、花粉や食物などのアレルギー疾患は、平成10年:19.6%だったのが、平成20年:29.8%と増加しているそうです。

masuku.jpg

アレルギーとは、ウイルスや細菌などの異物が入ってきたときに、自分の体を守るための「抗体」がつくられ、これら外敵をやっつける「免疫」という仕組みが備わっています。

meganemasuku.jpg

ところが、この免疫の仕組みが、花粉や食べ物といった、体に害を与えない物質に対しても「有害な物質である」と反応し、攻撃をし過ぎる結果、逆にマイナスの症状を引き起こしてしまうのが「アレルギー」で、花粉によって引き起こされる場合は「花粉症」と呼ばれます。

kusyami.jpg

アレルギーについては、皮膚や粘膜など全身の組織に広く分布するマスト細胞(肥満細胞)と、免疫の中のIgEという抗体が増加する事が考えられています。

ok.jpg

抗体であるIgEは、細菌やウイルスに対する抗体と違い、自然界のなんでもない物質である、花粉や食物タンパクに対して出来てしまうので、それが体内に増える事により、その物質(アレルゲン)に対し、マスト細胞がヒスタミンなどのを放出して、周囲に炎症を引き起こし、鼻炎(鼻水・くしゃみ)や結膜炎(目の痒み)が発生してしまうのです。

koutai.jpg

また、良く言われるアレルギー体質は、このIgEを作りやすい体質で、遺伝的な要因が大きく関係します。

dani.jpg

アレルゲンの種類には、花粉・食物・室内のゴミやホコリといったハウスダスト(ペットの毛やダニの死骸、糞など)・薬物などがあり、アレルゲンによって誘発され、鼻炎や結膜炎・皮膚炎・ぜん息・発熱などを発症するのがアレルギー疾患です。

tabemono7.jpg

何がアレルゲンになるのか、どういう反応がおこるかは、年齢や個人それぞれ違いがあり、また環境によっても大きく変わるので、それぞれに合った方法を取り入れてゆく必要があり、治療には病院での検査及び治療を御勧めします。


カイロプラクティックの考え方・・・

アレルギー体質は、変える事はできませんが、炎症を抑える働きを持つ『副腎皮質ホルモン』を分泌させて、症状を鎮める体内環境を作ります。

atp05.jpg

もう少し具体的に説明すると、『副腎皮質ホルモン』を分泌させる為に、『副腎』の働きを阻害する要素を取り除きます。
extu.jpg

カイロプラクティックのアプローチでは、『副腎』の働きを阻害する要因として、椎骨のずれによる神経コードの圧迫が考えられます。

sinkei01.jpg

それによって、『副腎』が働かなくなり、炎症を抑える『副腎皮質ホルモン』が分泌されなくなってしまったのです。

atp06.jpg

様々な療法がありますが、諸外国で認められたカイロプラクティックも、選択肢の一つとしてみてはいかがでしょうか。



ryoukinsyorei.jpg

ryoukins.jpg



フリーダイヤルで御予約


メールのお問合せは、こちら


Lineのご予約

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

0120-805-808 お問合せフォーム