慢性前立腺炎と花粉症 30代男性

高津で慢性前立腺炎、花粉症はライズ カイロプラクティック

近くにお住まいの方で、長期にわたる海外勤務によって、すっかり体調を崩されてこちらへ見えられました。

肩こりがとても酷いという事から、甲状腺の問題として頭痛や、同じく代謝が悪くなるために併発する疲労に冷え性。

間違いなく下部頚椎から上部胸椎のずれが予測できます。

他に気になる症状を聞いてみると、慢性前立腺炎を患っており、諦めているのですが良くなるならお願いします・・・

カイロプラクティックには様々な症状に対して、どこの椎骨を矯正するとこういった症状が良くなったなどと、ドクターオブカイロプラクティックが残された症例レポートがあり、それによってアジャストメント矯正を組み立ててゆきます。

慢性前立腺炎の場合は、下部胸椎から腰椎までとなっています。

サーモグラフ検査によると、頚椎5と胸椎9、そして原因と思われる腰椎2に、ブレイクが見られます。

気になった頚椎5のグリーンブレイクですが、以前に診断された頸椎ヘルニアの個所だそうで、今回は他の個所による症状が酷いので、これらが良くなってからと説明して、次の検査に進みました。

結果は胸椎1(肩こり・頭痛・疲労・冷え性)と腰椎1(慢性前立腺炎)に、そして脊柱の土台となる骨盤と、同じく脊柱のバランスを補正する頚椎1にずれが認められました。

矯正後は身体が軽くなり、再び海外出張するまでの間、細かく予約を入れて行かれました。

次回に来られた時は、前立腺炎がとても良くなったそうで、痛みを%で表すと20~30%と言っておられ、数回後にはほぼ気にならなくなったそうです。

差し出がましいようですが、リステイング記録をお渡ししようとしたのですが、赴任先のにはカイロプラクティックのオフイスは無かったそうで、帰国の際にはまた頼むといわれました。

思えば外国の方も来られますが、何人かは母国では無い技術だと言われ、驚いたのはカイロプラクティックの本場であるアメリカの方が、『オー、コンピューターグラフィック! スゴイネー サスガ ジャパニーズ!!』と言われ? その後も矯正する度に『グッド ジョーブ!!:Good Job』を繰り返し、その度に親指を立てて褒めて頂きました。

諸外国には様々な治療法があり、その中でも確立された部類に入るカイロプラクティックですが、地域によってはまだ普及していないようです。

下はリスティングと、アジャストメント矯正後のサーモグラフ検査レポートです。


男性 30代 慢性前立腺炎 花粉症 肩こり 背中 頚 頭痛 疲労 冷え症 めまい 

頚椎 AT-LL
胸椎 T1-PL   
腰椎 L1-PL
骨盤 R-PI

高津で慢性前立腺炎、花粉症はライズ カイロプラクティック

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

0120-805-808 お問合せフォーム