膝の痛みと花粉症 20代女性

高津区・二子玉川 膝の痛みと花粉症 ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

カイロプラクティックの場合ですが、ある症状から他の症状との関連性から、概ねどの程度の進行か、どのあたりが問題を起こしているのかを、推察することから始めます。

例えば肩こりで来られた場合は、甲状腺の機能低下を疑うので、頭痛があるか、また冷え性は、疲労は激しいかなどの、症状が出ているかを確認します。

あまり出ていない方が良いのですが、症状が進むとこれらが該当してゆき、しかも酷い状態の時には吐き気がすると言った状態になったりします。

もちろん甲状腺ホルモンは様々な働きが有るので、それらが全て狂ってきます。

腰の痛みの場合は、ざっくりと腰痛を言われますが、骨盤や下部胸椎などが原因の時も含められる方がいらっしゃいます。

こちらの方は、腰痛と膝の痛みで来られました。

最初に記入して頂く問診票ですが、腰痛と膝の痛みで他には何も無く、口頭で確認しても無いそうなので、サーモグラフィックとスパイナル検査に入りました。

腰痛は、骨盤のずれと下部胸椎のずれが見つかり、これらが問題を起している様でしたが、更に上の胸椎9もずれが見つかりました。

この下部胸椎エリアは副腎の神経支配なので、アレルギーがあるかを尋ねると、今も鼻水や目の痒みといった、花粉症の症状が確認されます。

矯正後は、腰や膝の痛みだけでなく、花粉症の症状が全て無くなったため、腰と膝のどちらが花粉症の原因かと言われましたが、下部胸椎がずれて神経圧迫を起こすことによってと副腎の働きが悪くなってしまい、副腎皮質ホルモンが出なくなり、花粉症によって発生した炎症を、抑える事が出来なかったことを説明しました。

説明後も不思議がられていましたが、私も最初の頃に感じた事があるので、この感覚はよく解ります。


下記は、来られた方のリスティングと、矯正後のサーモグラフの検査です。

女性 20代  腰痛 膝 花粉症

頚椎  
胸椎 T9-PL T12-PL
腰椎 
骨盤 R-AS

高津区・二子玉川 膝の痛みと花粉症 ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

0120-805-808 お問合せフォーム