年中花粉症 40代女性

高津区・二子玉川 年中花粉症 ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

時どきですが、ご紹介で来られる方もいて、そのような場合は大抵強い症状を、持たれているケースが多く感じます。

こちらでは御予約時に、予め症状もお聞きして、矯正の組み立ての準備を整えています。

今回こちらに見えられたのは、目がかゆいとか鼻炎などといった、通常のものではなく、肌が変色していてアトピーの症状に近いものがあります。

詳しくお聞きすると、アレルギーの原因であるアレルゲンとなる植物が多く、ずっと症状が出たままの状態が続いているそうです。

自分も、30年くらい前に酷い花粉症で、イネ科の植物に4種類すべて反応し、中には雑草も含まれていて、冬の時期自害は全身に症状が出た事があったのですが、その時に良くなった漢方の話を紹介し、カイロプラクティックのアプローチを説明しました。

よく使用されているステロイドと呼ばれる塗り薬ですが、もともと腎臓の上にある副腎という内分泌器官で作られる、副腎皮質ホルモン(コルチゾール)と呼ばれるものです。

この副腎皮質ホルモンは、人が体の中に持っているホルモンの一種で、全身の活動性・恒常性を維持し、糖質、脂質などの代謝に関係する、生命活動に必要なものですが、副腎の神経エリアで椎骨がずれて、結果神経圧迫を起こして、副腎が働かなくなります。

そこで、副腎の神経エリアである、胸椎8から胸椎12にかけて発生した、椎骨のずれを元通りにして、機能の回復を図ります。

また、その近くの椎骨も影響している時が有るので、検査をして矯正を行いますが、効果には個人差があります。

特にひどい症状の場合は、通常とは違ったコースも用意してあるので、矯正の後で様子を見る事になりました。

サーモグラフ検査とフルスパイン・テストでは、症状に関係する2か所が反応し、矯正を終えると、肌の痒みが止まったそうです。

症状の強い方には、料金を抑えて週に3回来て頂いたりしており、本人も非常に望んでいたのですが、仕事の都合で無理と言う事でした。

しかし、週に1回ずつ通われてからは、次第にもとに戻ってこられ、3か月を過ぎたくらいには、症状もほとんど無くなりました。


下記は、来られた方のリスティングと、矯正後のサーモグラフの検査です。

女性 40代  花粉症

頚椎 
胸椎 T7-PL T11-PL
腰痛 
骨盤 R-PI

高津区・二子玉川 1年中花粉症 ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

0120-805-808 お問合せフォーム