難治性アトピーとリーキーガット


アトピーの症状には、日常生活での食べ物やハウスダストと言った周囲の環境、仕事も含めたリズムの改善や、医師によって処方されるステロイドや保湿剤などの、様々な事を行った上で思う様に行かなかった場合は、まだ手掛けていない『カイロプラクティック・ケア』を行うことによって、著しい改善が見られる場合があります。

l1.jpg

しかし、それでもなお改善が見られない場合は、『リーキーガット症候群』を疑う必要があるかも知れません。

リーキーガットとは、『漏れる』という意味のリーク(leak)と、『腸』のガット(gut)から出来ており、日本語での正式名称は『腸管壁浸漏症候群』と呼ばれるもので、簡単に言うと、腸の粘膜に生じた隙間や穴などから、本来なら消化器官以外の組織的に入って来るはずのない物質が体内に取り込まれてしまう状態のことです。

l2.jpg


主な原因

・未消化の食べ物

未消化タンパクになりやすい物質には、小麦に含まれる『グルテン』と乳製品に含まれる『カゼイン』、そして大豆製品に含まれる『サポニン』『レクチン』が挙げられます。

特に、普段から食べ続けている、麺類やパンなどの小麦に含まれる、『グルテン』が腸に入ると、腸からゾヌリンというタンパク質が分泌されるのですが、ゾヌリンは腸壁のバリアである密着結合を分解してしまう働きがあります。

l3.jpg

アトピーの場合は、未消化のまま「腸粘膜」に傷をつけ、腸に炎症を起こすことがあり、炎症が絶えず繰り返される事によって、次第に腸に穴があいたような状態となり、本来は排除されるべき不必要な物質やアレルギー物質までもが、消化器外の組織に入ってしまうことになります。

このように腸から漏れ出してしまう状態を『リーキーガット症候群』といいます。

『リーキーガット症候群」が発生する原因には、食物に対する遺伝子組み換えにより、昔と分子構造が変わってしまったこと、農薬や添加物などの化学物質、抗生剤やホルモン剤など様々な要因があげられます。

l4.jpg


・食品添加物や農薬などによる腸内の環境

体調不良によって、様々な症状を抑える為の薬や、慢性疾患によって継続的に服用しなければならない薬などにより、腸内環境が乱れてしまうことがあります。

しかし、現代の社会生活においては、日常の食生活で悪玉菌の優勢な、腸内環境を生み出している時が有ります。

l5.jpg

腸内環境が整っていると、消化酵素の働きによって消化と吸収がスムーズに行われ、腸は必要とする栄養素を取り込んだり、不必要な有害となる物質を排除してくれます。

l6.jpg

たんぱく質はしっかりと消化酵素が働いて、きちんと消化されて、腸で吸収できれば何も問題はありませんが、『リーキーガット症候群』になってしまうと、有害物質が体内にどんどん取り込まれていくという恐ろしいことになってしまいます。


リーキーガットによる症状

アトピーを発症されている場合、アレルゲンにも注意する必要があるので、乳製品・卵・大豆などの3大アレルゲンは取らない様にしますが、それ以外の食物にアレルゲンが隠れている時が有ります。

l7.jpg

特に、主食となっている米が原因となっている場合は、米の種類を変える(タンパク質とデンプンが原因と考えられ、コシヒカリはその要因が多いのでササニシキにする)だけで、顔の赤みが消えるなど、僅かに残った症状が改善される時が有ります。

l8.jpg

注意:症状が酷い場合や、遅延型アレルギーもある場合は、暫くお米を控える事も考慮し、特に遅延型アレルギーにおいては、症状がすぐに現れない為に特定する事が難しく、気が付かないうちにアレルゲンとなる食物を食している事が有るので要注意です。

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

0120-805-808 お問合せフォーム