アレルギー性鼻炎 60代男性

高津区・二子玉川 アレルギー・アトピー ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

こちらは以前に酷い不眠症で来られ、特別なコースを利用され、約2週間で睡眠剤が無くても眠れるようになり、1か月で精神的にも安定してきて、現在は数か月に1度くらいに不調を訴えると見えられる、そういった状態です。

今回は、アレルギー性鼻炎が酷くて、サックスの演奏が出来ないので、鼻炎の改善に来られました。

理由は前回に、腰痛と背部痛で見えられた時、背中の矯正でアレルギー性鼻炎が解消したことがあり、今回は鼻炎の改善のみに来られました。

今回の矯正は、下部胸椎の矯正を行った後、再び症状を聴いてみると、まだ少し残っているという事だったので、もう1度スパイナルテストを行った所、他にもサブラクセィションが出てきたので矯正し、症状の改善に至りました。

これは、悪い個所を正しく矯正された事により、正常に働きだした神経回路が、次に悪かった所を探して教えてくれるもので、この考え方については、先生によって否定される方もおられますが、ケースによっては良い結果を得る事が出来ます。


下記は、来られた方のリスティングと、矯正後のサーモグラフの検査です。

男性 60代  アレルギー性鼻炎 

頚椎 
胸椎 T8-PL T10-PL T12-PL
腰痛 
骨盤 L-PI

高津区・二子玉川 アレルギー・アトピー ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

アレルギー性鼻炎 40代男性

高津区・二子玉川 アレルギー・アトピー ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

あるレストランを経営しているオーナーシェフがおられ、最初はひどい肩こりと腰痛でみえられ、非常に気に入って御利用いただいていました。

暫らくの間は1週に1回こられていましたが、症状もすっかり無くなり、現在は月に1回のメンテナンスに見えられています。

来られる度に、辛い症状を御聞きするのですが、この度はひどいアレルギー性鼻炎で何とかならないか? といった症状です。

アレルギー性鼻炎の場合は、アレルギーの元になるアレルゲンが特定できるのですが、アトピーとアレルギーの供にあるそうで、酷い場合は仕事にならないといった状態です。

カイロプラクティックで良く言われる言葉に、悪い個所を1つだけ矯正しなさいとあり、またそのように指導されるのですが、中には数か所のずれが見られる場合があり、その時はそれぞれを正しく矯正する方が、非常に高い効果が得られます。

今回も副腎の神経エリアである下部胸椎における、椎骨のずれであるサブラクセィションを矯正し、症状の改善に至りました。

ちなみに、矯正を受けられたお客様の、症状が改善してゆく工程ですが、通常はその場でいきなり良くなる場合がほとんどです。

これは、受けられた方はほぼ皆さん驚かれ、決まって『あれっ・・・』という声を出されます。


下記は、来られた方のリスティングと、矯正後のサーモグラフの検査です。

男性 40代  アレルギー性鼻炎 

頚椎 
胸椎 T7-PL T9-PL
腰痛 
骨盤 L-PI

高津区・二子玉川 アレルギー・アトピー ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

側弯と花粉症 30代女性

高津区・二子玉川 花粉症 ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

最初は小顔の矯正に興味を持たれ、その時に行ったカイロプラクティックのアジャストメント矯正が、とても良く評価を頂き、それからは度々見える様になりました。

この時に行った矯正ですが、中部胸椎の所で部分的な側弯が見られて、ちょうど主訴である背部痛の個所と一致していた事もあって、より高い効果を得る事も充分に予測されることでした。

もちろん、1回の矯正で完全に良くなった訳では有りませんが、それでも通われているのは、強くて不快感を伴う痛みからは開放されたからです。

半年くらい経つと、月に1回か2回の矯正に来られ、その都度どこか不調の個所があれば、その症状に対応しています。

今回は、花粉の悲惨する季節で、アレルギー性鼻炎の症状が出ており、副腎の神経エリアである下部胸椎に、椎骨のずれであるサブラクセィションがみられ、こちらも一緒に矯正を行いました。

症状は中部胸椎の側弯の他にほ、その都度違う症状で、頭痛や生理痛など様々ですが、椎骨のずれであるサブラクセィションを、アジャストメントして矯正する事により、神経圧迫を無くして解消しています。

カイロプラクティックの目的は、あくまでも症状の解消では無く、症状によって椎骨のずれであるサブラクセィションの個所を探し、神経圧迫をなくす事で、自律神経のバランスを正常にする事です。

しかし、その結果が症状の解消に繋がれば、神経圧迫を開放した事の証にも繫がるので、やはり大切な要素でもあります。


下記は、来られた方のリスティングと、矯正後のサーモグラフの検査です。

女性 30代  側弯 花粉症 

頚椎 AT-LL
胸椎 T6-PR T11-PL
腰痛 
骨盤 L-PI

高津区・二子玉川 花粉症 ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

花粉症と背部痛 40代女性

高津区・二子玉川 花粉症 ライズ カイロプラクティック 初見料が無料


御予約を頂いた際の症状は、背部痛と首、そして腹痛との事でした。

以前に来られた時を確認すると、約1年くらい前に肩こりと頭痛による矯正を、パソコンに保管してある記録から確認できました。

来院して頂いて、パルペーションと呼ばれる触診と、モーションパルペーションと呼ばれる可動触診で、頚椎の1番が左にずれて後方に回転し、頚椎の7番が右にずれているのが確認されました。

しかしサーモグラフィック検査の後で行った、フルスパインテストでの結果は、腰椎の1番と胸椎の9番が左にずれていて、他の椎骨には反応がでない・・・

これは、メンテナンスの期間が開きすぎて、他にある問題の椎骨が隠れている可能性が高いからです。

この様な場合、矯正を行って症状が消えても、他の問題となる椎骨が別の症状を起こす事もあるので、その旨を説明して矯正を行いました。

今回もそうですが、今の時期は花粉が多いので、矯正前には必ず花粉症の症状を確認しておきます。

矯正による効果ですが、背部痛の個所は副腎の神経エリアであるため、花粉症の症状も無くなり、腹痛も解消したとの事です。

その後は、他の症状についての質問をされたので、カウンセリングを行って、終了いたしました。

下記は、来られた方のリスティングと、矯正後のサーモグラフの検査です。
女性 40代  背部痛 腹痛 花粉症 

頚椎  
胸椎 T9-PL 
腰痛 L1-PL
骨盤 L-PI R-AS

高津区・二子玉川 花粉症 ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

no-104 『50代男性 不眠症 1か月経過』


現在こちらに通院されている中には、不眠症で悩まされている方が何人かいらっしゃいます。

半年の間に体質が変わって眠りにつけない方から、2年間も眠れないといった方や、10年以上の不眠症といった、ほぼ慢性化してしまった様な方など様々で、それぞれ睡眠薬を服用されています。

睡眠薬には様々な種類がありますが、その中の「ハルシオン」と呼ばれるものを飲んでいて、効果にも満足されている様です。

しかし服用することで、『イライラ』しやすくなった、というような副作用を感じられるそうです。

ハルシオンの特徴は即効性に優れ、効果が強めなので寝付けない(入眠障害)といった方には、良く勧められる薬ですが、イライラに関する症状だけでなく、ハルシオンの服用中は不安になりやすくなるなどの、精神面に変化が表れてしまうケースが多くみられるそうです。

また半減期(薬の血中濃度が半分に下がるまでにかかる時間)が短く、効果も強いので耐性(次第に身体が慣れて、効きが悪くなってしまう)・依存性(次第に薬が無いといられなくなってしまい、様々な離脱症状が出現する)のリスクがやや高いのも欠点として挙げられており、イギリスやオランダ、ノルウェー、フィンランドなどではハルシオンは発売中止となっていますが、世界で消費されているハルシオンのうち、60%は日本で消費されているといわれています。

社会的な問題としては、ハルシオンを飲んで眠ると、翌朝には普段通りに目覚め、普通の行動をしているのですが、夕方になると日中の行動を覚えてないといった、前行性の健忘が取り上げられており、ハルシオンを飲んだ者が事件を起こしても、本人は事件を起こした事を覚えていない為、犯行時の記憶消失によって、犯行の立証を困難にし、加害者に責任を問えない事態となった事があります。

他には平成元年ころ、若い方の間で流行った「トリップ遊び」によるハルシオンの乱用で、ハルシオンを酒と一緒に飲んで、もうろうとした状態に自ら陥って、そのまま街をふらつくことなどもあり、一部の間では法外な価格での売買が行われた経緯などもあった様です。

こちらにお見えになられる方は、やはり不眠症によるストレスもあって、強く望まれる場合は週に3回きて頂きますが、概ね週に1回の通院で他の症状も軽減するにつれ、緩やかな改善に向かいます。

しかし10年も服用を続け、症状が酷くなる度に薬が増えてきた方は、些細な事で激怒したり、真夜中に遊びに行って行動を覚えていなかったりと、周りの家族や友人から心配され、病院に行くとまた薬が増えてと言った状態で、こちらに来られました。

症例のコースとして1か月限定で、週に3回の来院(その分料金は通いやすい設定です)を説明したところ、是非に行うとの事で、すぐ開始しました。

カイロプラクティックでは『不眠症』について、副交感神経のアプローチを上げていて、骨盤と上部頚椎に問題の椎骨のずれである、サブラクセィションを正しくすることが臨床に残されています。

初めてのサーモフラフィック検査による脊柱のグラフでは、後頭骨と第1頚椎の間に強いブレイクが見られ、頚椎3・7にも注意を払い、フルスパイン・テストでは頚椎1・7、胸椎1、骨盤に椎骨サブラクセィションが確認されました。

もちろんカイロプラクティックの矯正も初めての事だったので、矯正後の感想を御聞きすると、非常に気に入って貰えたそうです。

これはカイロプラクティックが、この方に合っていた事もあると思いますが、何より強い意志で改善を求めておられたのが大きな要因であると思います。

初回の矯正で、肩こりや腰痛なども無くなり、体調もとても良い状態で2週間が過ぎたころです。

「今日は睡眠剤やめてみようかな・・・? 何だか飲まなくても眠れそうな気がする・・・」

すこし自信の無い言葉でしたが、身体の変化からか自然と出た感じでした。

効果は深いとは言えなかったそうですが、それからは睡眠剤を飲まなくても済み、コースの完了する1か月を過ぎたころには、夜の8時には眠ってしまう様で、しかも寝起きも良いといった、素晴らしい改善となりました。

私にとっても、本人以外以外の家族の方や、友人の方からも喜んでもらえ、とても良い内容の経験となりました。


下記は、初回と1か月後のリスティングです。

男性 50代  不眠症 
 
頚椎 AT-LSP C7-PL
胸椎 T3-PR 
腰椎 
骨盤 L-PI


頚椎 AT-LL 
胸椎 
腰椎 
 骨盤 L-PI


下記は、初回から1か月後にかけて、1週間おきに検査を行った、矯正前のサーモグラフです。

高津区・二子玉川 不眠症 ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

no-103 『40代女性 肩こり 頭痛 疲労 吐き気 1か月経過』

子供の頃から肩こりで、20代には頭痛もちになって頭痛薬が必要な状態になったそうです。

絶えず痛いわけではないないのですが、頭痛が始まるとガンガンして来て、とても立っていられない状態で、頭が締め付けられるうち、嘔吐に至るそうです。

病院での検査では、片頭痛と緊張型頭痛の両方の症状が出る複合型で、薬はロキソニンとムコスタを処方してもらっています。

ロキソニンは非ステロイド系の解熱鎮痛消炎剤で、腫れや痛みをやわらげたり熱を下げる作用があり、頭痛以外にも風邪や生理痛といった、日常的な発熱や痛み止めから、抜歯後の疼痛、神経痛、筋肉痛、打撲痛、骨折痛、ねんざ痛など様々な症状に広く使用されています。

この痛みの物質はプロスタグランジンと呼ばれるもので、痛み・炎症・発熱を引き起こしますが、同時に胃粘膜の保護にも関与しており、ロキソニンによってプロスタグランジンの合成がストップすると、胃粘膜の保護作用がなくなり、胃酸などの作用によって胃に障害が起こります。

そこで胃粘膜を保護するために、痛み止めの薬とムコスタを併用する事によって、胃潰瘍の抑制として用いられます。

それでも胃が痛くなったり、身体がだるくなったりするので、あまりに酷いときには病院に行くそうで、その度に問題が無く安堵するのですが、再び酷くなるとまた不安になってくる・・・

身体のメンテナンスには、仕事帰りのマッサージが日課になっていて、休日には温泉でゆっくりとマッサージを受けておられるそうです。

整体やカイロプラクティックなどについては、骨格を整えるのかしら? くらいのイメージしかなく、具体的な事は全くわからないとの事です。

初めての方への説明ですが、問診表の記入と供に、コンピューター・サーモフラフィック検査の際に、直接背中に接触する必要がある事を伝え、その為のガウンに着替えて頂く事を説明します。

時どき衣服の上からは無理かと聞かれますが、サーモグラフ検査だけでなく、次に行うフルスパイン・テストでは、椎骨を一つずつ検査する為に、どうしても着替える事が必要となります。

どうしても衣服の上からと言われる場合は、正確性に欠ける旨を説明して行う事もありますが、症状の酷い方の場合は快く承諾されます。

特に、今までと違う内容に対する期待、そういった物もあるようです。

肩こりの神経エリアは、頚椎下部から胸椎上部にあり、ちょうど甲状腺の機能低下に関するところです。

矯正をかける前の状態を確認してもらい、矯正を行った後との状態を比較してもらうと、ほとんどの肩こりと頭痛が無くなった様です。

説明に嘘が無かった事と、今回の結果に満足されて暫く通われる事になりました。

3回目くらいには疲れも少なくなり、頭痛も全く無くなって、嘔吐していた事が信じられないそうです。

椎骨がずれる事を、カイロプラクティックではサブラクセィションと呼んでいますが、このずれによって発生する神経圧迫こそ、様々な症状を引き起こすと考えれれています。

ずれた椎骨を発見して元に戻す、とてもシンプルですが難しい技術です。


下記は、初回と1か月後のリスティングです。

女性 40代  膝 腰 背中 首 肩 
 
頚椎 AT-LL C6-PL
胸椎 T3-PL 
腰椎 L4-PL
骨盤 L-PI


頚椎 AT-LL 
胸椎 T1-PL
腰椎 
骨盤 


下記は、初回から1か月後にかけて、1週間おきに検査を行った、矯正前のサーモグラフです。

高津区・二子玉川 肩こり 頭痛 疲労 吐き気 ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

no-102 『40代女性 膝痛 腰痛 背中 首 肩の痛み 経過』


来られる方は、ほぼ全て痛みを訴えて来られると、そう言っても過言では有りません。

特にその症状が酷い場合、痛みが軽減もしくは解消する事を、最優先しておられます。

こちらの女性は、介護と配達の仕事を掛け持ちしていて、休日には疲れを解消する為に、馴染みのサウナやマッサージなどを受けておられたそうです。

しかし、仕事がハードだった事もあって絶えず痛みが出る様になり、階段の上り下りが出来ない、人をさせえる事が出来ない、しゃがむ事が出来ない・・・

そのため休日には、疲れではなく痛みの解消に、色んな所に行かれたそうです。

特に、ドアを開ける時や座る時など、とにかく何か動作をとる度に、痛みが出ない様に何か支えるものが必要になる事からも、相当悪い状態だとみえます。

問診表の記入には全てと有ったので、痛みの酷い順番に記入してもらうと『 膝痛 腰痛 背部痛 首 肩コリ 』になるそうです。

次にどの様な施術を受けられたか? というのは、同じ内容だと既に経験された可能性もあり、期待に応えられない時が有るからです。

この様な時には、効果がない可能性も伝えて、それでもなお受けてみたいという方に、施術を行っています。

予想した通り、行かれた中には整体やカイロプラクティックもあり、施術方法は矯正もされたそうですが、なん十分もおなじ箇所を丁寧に行う方法だったらしく、こちらの矯正方法とは全く違うので、検査はサーモフラフィック検査と脊柱の全てを調べるフルスパイン・テストである事と、矯正方法は主にガンステッド・テクニックという方法で矯正を行う事を説明します。

これは、説明されている方がいくら解らなくても、実際に行われると自然に理解されるから、必ず行わなければなりません。

矯正後の効果は、久しぶりにほぼ痛みが無くなったそうで、残った痛みは消えるかどうか、そういった質問をされたので、約束はできないが、今日の施術内容を参考にして欲しいとお伝えしました。

その後は休日のたび、週に1度お見えになられては、再び施術を行ってずれのある椎骨を矯正し、1か月後には1週間を過ぎても痛みが発生せず、以前の様に仕事を行う事が可能になりました。

その後は2週間から3週間、あるいは1か月に1度のメンテナンスで、通われて通常の生活をされております。


下記は、初回と1か月後のリスティングです。

女性 40代  膝 腰 背中 首 肩 
 
頚椎 AT-LSP 
胸椎 T2-PL T6-PL
腰椎 L5-PR
骨盤 L-ASEX R-PIIN

頚椎 AT-LL 
胸椎 T2-PL
腰椎 
骨盤 L-EX R-IN


下記は、初回から1か月後にかけて、1週間おきに検査を行った、矯正前のサーモグラフです。

高津区・二子玉川 膝 腰 背中 首 肩の痛み ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

no-101 『股関節や膝の痛みに、コラーゲンとビタミンC』

高津区・二子玉川 股関節や膝の痛みに、コラーゲンとビタミンC ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

股関節痛や膝の痛みについては、構造的な問題として骨盤のずれによるゆがみ、神経的な問題として腰椎のずれからなどが考えられます。

もちろん股関節(骨盤と太ももの関節部分)や膝関節(太ももと脛の関節部分)、膝蓋骨(ひざのお皿の部分)といった個所のずれも、それぞれの痛みに関わっていて、それらも必要によって矯正をしなければいけません。

しかし構造的、神経的な問題を解消しても、関節を構成している細胞組織に問題を抱えている場合があり、そんな時にはサプリメントも必要となってきます。

下記の物は、うちで販売しているコラーゲンですが、どうしても取れない股関節痛や、膝の痛みがある場合に、ビタミンCと一緒に勧めています。

効果は人によって違いますが、2週間から1か月位で効果があるようですが、もし3か月経っても効果が感じられない時は、必要としないかもしれません。


-コラーゲンの説明-

〇分子量3000
コラーゲン分子は一般的には分子量約300,000 といわれています。小腸の粘膜から吸収可能な分子量は約10,000 以下、皮膚表面から浸透可能な分子量は約3,000以下といわれておりますので、 コラーゲソはそのままの状態では吸収・浸透は不可能というのが定説となっています。弊社のコラーゲンは時間をかけ手間暇かけた特殊製法により分子量3,000 のコラーゲンの商品化を実現させました。通常のコラーゲンの大きさを直径1メートルとすると弊社のコラーゲソは真珠1粒程度の大きさになります。

〇お飲み物に溶けやすい
分子量が細かくなり微粉末になると、微粉末と微粉末とのすきまがまるで真空状態のようになり、逆に液体には溶けづらくなるものですが、工夫をこらして、特殊な処理を1工程加えることにより、これまで以上にお飲み物に溶けやすいコラーゲンの商品化に成功しました。

〇ほとんど無味無臭
他社の豚由来・魚由来コラーゲンと比較してみてください。

〇豚由来コラーゲン
人問の細胞に最もなじみやすいコラーゲンといわれています。

〇結果が早い
分子量が小さいので吸収効率がよく、少量の摂取で早い結果が期待できます。

〇コラーゲンってなに?
体内にある繊維状のタンパク質の一種であり、細胞と細胞をつなぎ止める接着剤の役割もしています。人体にとっては正に土台づくりの役割を果たしてくれているのがコラーゲソなのです。

〇関節に対しては? 
体内ではつねに細胞の新陳代謝が繰り返されていて、それに伴い同じくコラーゲンも合成され続けられているのです。ところが加齢とともに新陳代謝が衰えるとコラーゲンの合成もスピーディーに行われなくなり土台が崩れ始め、全身を支える筋力も衰えていくことになるのです。その結果、骨に負担がかかり関節や骨を痛める大きな原因ともなってしまうのです。

〇お肌に対しては?
皮膚を構成している真皮層の70%はコラーゲンです。お肌の弾力性とハリとツヤは体内のコラーゲンの量に比例するといわれています。ヒアルロソ酸とともに潤いとなめらかさの成分でもあります。

〇血管に対しては?
血管の主成分はコラーゲンなのです。

〇免疫に対しては?
最近の研究ではコラーゲンの不足が免疫の低下につながっているとの報告が あります。

* こちらのコラーゲンは、工場から直接仕入れの状態で、詳しい内容についてはメーカーが準備中との事なので、一般公開されましたらお知らせします。

-ビタミンC-
アマゾンから『NOW Foods ビタミンC1000 ローズヒップ タイムリリース 250粒 』を購入しています。
サプリメント検査にも使用しています。

no-100 『50代女性 3年ごしの肩こり』

高津区・二子玉川 3年ごしの肩こり ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

カイロプラクティックの特徴は、ずれた椎骨を見つけて正しく矯正し、神経の圧迫を取り除く事です。

時に症状を聞く事もありますが、これは症状から神経圧迫を起こしている所を探す為で、症状を取り除くことが目的では有りません。

お見えになられる方の中には、マッサージを希望される方もいましたが、マッサージはマッサージ師の資格を持つ者のみ行う事が可能であり、それ以外は認められておりません。

同様に鍼(ハリ)やお灸も鍼灸師の資格が必要で、捻挫や打撲および脱臼などは柔整師の資格を有する整骨院しか認められていません。

私の友人の中には、鍼灸マッサージの他にカイロプラクティックを取り入れておられる方も居ますが、その為にはカイロプラクティックの学校を卒業しなくてはならず、時間的また経済的にも余裕が必要でした。

今回来られた方は酷い肩こりで、病院にも通いながら、整骨院に鍼灸・マッサージに整体院と色々な施術を、3年間も受けて来られて、その中にはカイロプラクティックも有ったそうです。

しかしながら、その内容は肩こりに対する骨格の関係と、それによる神経圧迫から発生する冷え性や疲労などの説明も無く、矯正の内容もはつきりとしないものらしく、こちらで行っている内容を詳しく聞かれました。

これは整骨院の増加に伴って、より強く御客様へのサービスあるいは満足度を向上する必要がある為、学校でも専門外の事を教えたり、他では勉強会やセミナーで補ったりするので、どうしても専門とする技術より深く身に付ける事が出来ず、中途半端な技術になってしまうからです。

私のカイロプラクティックでは、まず症状から矯正をある程度くみ立てて、サーモグラフ検査とフルスパイン・テストで神経圧迫を起こしている椎骨を決定し、矯正方法はガンステッドとディバーシィファイドによって、アジャストメントと呼ばれる矯正を行います。

今までに、同様な施術を受けられた事が有る場合は、あまり期待は出来ないので、その旨を伝えたところ、初めての施術だそうです。

矯正の効果は素晴らしく、その場で何度も肩を回しながら、ウソのようだと言われましたが、これは椎骨のずれが原因で、うちの施術方法に合っていたからです。


下記は、来られた方のリスティングと、矯正後のサーモグラフの検査です。

女性 50代  肩こり・3年 冷え症 疲労 
 
頚椎 AT-LL C6-PR
胸椎 T2-PL 
腰椎 
骨盤 L-AS R-PI

高津区・二子玉川 3年ごしの肩こり ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

no-99 『30代女性 背中の痛みとアレルギー』

高津区・二子玉川 背中の痛みとアレルギー ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

カイロプラクティックに来られる動機は、肩こり腰痛・背部痛に膝の痛みなどがほとんどで、他に何か症状を持っていないか、あるいは医師から言われた病名などが無いかを聞く事で、より重要な目的を持った矯正が行えます。

例えば肩こりの場合だと、頚椎6~胸椎3の間でのずれが考えられ、そこはちょうど甲状腺の神経エリアなので、甲状腺の機能低下を招くために、基礎代謝も悪くなるので冷え性、疲労・体重の増加・集中力の低下などが、発生します。

背中に痛みが有る背部痛の場合も、胸椎がそれぞれ内臓の各器官と神経で連絡しているので、症状から神経エリアに概要する器官を当てはめ、矯正する椎骨の範囲を選んで検査を行います。

背部痛の場合に他の症状が有るかを尋ねてみると、よくあるケースに花粉症を発症している時が多く、そんな時には副腎の機能低下が考えられ、神経支配のエリアは胸椎8~12の間になるので、その間に発生している椎骨のずれを捜します。

ただ人の身体の場合は機械とは違うので、神経支配のエリアには多少の差があるので、胸椎の6~腰椎の2・3などの、椎骨のずれによる神経圧迫が関係しているかもしれません。

背部痛で他に来られたのは、足のみくみが酷い女性で、医師から腎臓の機能低下だと告げられていたそうです。

カイロプラクティックの目的は、症状を治す事ではなくて、症状からずれている椎骨を探し、正しく矯正することで、神経圧迫を取り去る事です。

腎臓の、神経支配のエリアは胸椎10~12なので、この間にある椎骨のずれを矯正すると、
翌日から足が細くなってゆくそうで、いつも不思議に思われたいたそうです。

他には糖尿の男性もおられ、膵臓の神経支配である胸椎5~10の、間にある椎骨のずれを矯正したこともあり、改善に至りました。

こちらの方は、ひどい背部痛で来られており、問題になっている椎骨は胸椎5なのですが、ずっとアレルギーの症状も有るため、その原因となっている椎骨の矯正も行いました。

副腎の機能テストでも、矯正を行った後には反応も消えており、非常に良い結果に恵まれました。


下記は、来られた方のリスティングと、矯正後のサーモグラフの検査です。

女性 30代  背部痛 アレルギー

頚椎 C2-PR  
胸椎 T5-PR T10-PR
腰痛 L1-PL
骨盤 L-PI 

高津区・二子玉川 背中の痛みとアレルギー ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

0120-805-808 お問合せフォーム