腰痛 腰椎のずれかた


spyoko1.jpg

前回の説明からですが、腰椎には仙骨の上にある第5腰椎(lumber 5)から、胸椎の下に位置する第1腰椎(lumber 1)までの5つがあります。

カイロプラクティックでは、lumber 1からlumber 5までをそれぞれ記号で、L1~L5にして表します。

そして、それぞれの腰椎は何らかの原因によって、ずれる場合があります。

上の図 右は、第3腰椎が後方にずれた状態をあらわしています。

spusiro.jpg

この図 真ん中は、後方にずれた状態を、右は、さらに右へと回旋した状態をあらわしています。

というのは、椎骨はまず後方へとずれ、その次に左右どちらかへずれるといった順序があります。

図解では、解りやすく表現されていますが、実際に判断するには難しいので様々な検査法を用います。

問診では、どのような症状があるか? それによって腰痛を起こしている原因となる箇所に、見当をつけます。 例えば、股関節の前面が痛い場合は腰椎1が、股関節の後面が痛い場合は腰椎2がずれている。 膝の前面が痛い場合は腰椎3が、膝の横面が痛い場合は腰椎4が、 膝の後面が痛い場合は腰椎5がずれている。 下痢が止まらない時は腰椎1が、尿道炎の場合は腰椎2がずれている・・・

さらに見てその箇所の歪みが無いか、触ってみて固く感じるか、可動性はどうかなどが、必要となってきます。

うちでは更に、サーモグラフとフルスパイナル検査を行って、原因となる椎骨を決定します。

sptasuu.jpg

5つの腰椎から、原因となる椎骨を決定し、正確に矯正することがカイロプラクティックであり、ほかではできないことだと思います。

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

0120-805-808 お問合せフォーム