膝痛と腰痛と尾骨 30代男性

高津区・二子玉川 膝と腰の痛み ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

腰痛の原因は骨盤と腰椎にある、そう言っても過言ではないと思います。

そして骨盤と腰椎は、どちらも膝の痛みに関係してきます。

骨盤のずれによる歪みは、股関節から大転子(太ももの上部)に直接連絡しているので、脚の長さや角度が正常な位置から外れてしまい、生理的な構造的に異常をきたす為、膝に負担がかかってしまいます。

腰椎には膝と連絡している神経が多くあり、ずれる事によって神経が圧迫されて、膝にも痛みが生じてきます。

また骨盤のずれ自体が、仙骨の上に構成されている脊柱に影響を与える為、すぐ上にある腰椎は骨盤のずれを最初に受けるので、その影響は出やすいと思われます。

そこで骨盤の検査を行い、左右の腸骨に中央の仙骨をそれぞれ調べ、ずれていたら矯正を行って正しい位置に戻してやります。

次に腰椎の検査を行って、5つの椎骨のうち、どの椎骨がずれているのかを調べ、やはりずれていたら矯正を行って正しい位置に戻します。

腰椎のずれ方・リンク

骨盤のずれ方・リンク 

あとは上部頚椎などの問題を無くし、股関節や膝の関節も検査を行って、問題があれば取り除かなくてはなりません。

これらの事が解消されているのに、何故か骨盤に違和感が残る・・・

そんな場合は、尾骨がずれている時があり、それも取り除かなくてはなりません。

というのは、とても些細な違和感でも、継続している状態では、矯正した腸骨や仙骨に緊張を与えてしまい、再びずれてしまう原因になりかねないからです。

尾骨のずれは、通常そんなに痛みは無いのですが、ずれが酷いと椅子に座る事が出来ない為、クッションを何枚も重ねたり、ドーナツ型の椅子を必要とするそうで、家庭の中では未だよいのですが、仕事や公共の場においては、何かと不便になってしまいます。

こちらの方も、初めての矯正で解消されたのですが、来られるたびに少しの違和感があり、検査を行うとずれていて、矯正を行っていました。

なぜ、毎回ずれているのか不思議に感じて、通常の生活を聞いてみたところ、毎日のっている自転車通勤で、1箇所とても大きな段差があると言う事だったので、そこの所だけ腰を浮かせてもらう様にお願いしてみました。

尾骨のずれの原因はそれだったらしく、それ以来尾骨はずれなくなりました。


下記は、来られた方のリスティングと、矯正後のサーモグラフの検査です。

男性 30代  膝痛 腰痛

頚椎 C2-PR  
胸椎 
腰痛 L1-PR L4-PL
骨盤 L-PI Co-R

高津区・二子玉川 膝と腰の痛み ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

0120-805-808 お問合せフォーム