回転骨切り術 50代男性

高津区・二子玉川 回転骨切り術 ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

こちらへは、骨頭回転骨切り術の後に発生する股関節痛や、その他のメンテナンスも含めて来られました。

骨頭回転骨切り術は、壊死した部分に荷重がかからないようにする為に、大腿部の上にある骨頭を一旦切断した後、回転させて固定することによって、健全な部分に荷重がかかるようにするといった手術です。

うつ伏せになってもらった状態で検査をすると、手術を行った右足は2Cmほどの差が有り外転が見られます。

この場合は、あくまで骨盤のずれを注意深く検査を行い、左右に発生している長さの違い、つま先の角度などは、検査対象の一部に考える必要があります。

いつも通り、サーモグラフ検査とフルスパイン・テストから、ずれて神経圧迫を起こしている個所を調べます。

骨盤については、フルスパイン検査とスタテイック・パルペーションとモーション・パルペーションと呼ばれる検査を行います。

パルペーションとは触って検査を行う触診法の事で、脊柱の椎骨の並びかたや、左右の骨盤の違いなどを確かめます。

この場合、御客様の静止した状態で触る方法を、スタティック・パルペーション(static palpation 静的検査法)と呼んでおり、施術者が御客様の関節の動きを確認しながら触る方法を、モーション・パルペーション(motion palpation 可動性検査法)と呼んでいます。

結果は左右の骨盤が、前後別々の方向にすれ、仙骨と尾骨にも見つかり、矯正を行います。

特に尾骨ですが、骨盤や腰椎などのずれを正しく治しても、まだ違和感が残っている場合に、とても有効な椎骨です。

全てが終わった後に、うちで行っている検査方法や矯正の方法が、とても気に入って頂いた様で、その後も長く色々な質問や考えなどを求められました。

私には、あまり他の事は良く解らないのですが、カイロプラクティックは正確に行うと、優れた結果が再現してくれるので、これを行っています。

その後も長くメンテナンスに通われていて、とても良い状態になっており、さらに何故か理由は解らないのですが、左右の脚の差が少なくなって来ました。


下記は、来られた方のリスティングと、矯正後のサーモグラフの検査です。

男性 50代  右股関節・回転骨切り術 肩こり 肝臓 高血圧

頚椎 AT-LL 
胸椎 T1-PL
腰椎 L5-PR
骨盤 L-AS R-PI S-PL Co-R
股間節LR

高津区・二子玉川 回転骨切り術 ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

0120-805-808 お問合せフォーム