膝の痛みと腰痛 50代女性

高津区・二子玉川 膝の痛みと腰痛 ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

膝の痛みと腰痛は、非常に大きく関係しています。

というのは、腰痛の原因である骨盤と腰椎のねじれ、及びずれは何れも膝の痛みに繋がるからです。

特に、膝に神経が分布している椎骨は、胸椎11~腰椎2のエリアが神経支配となるので、まず椎骨のずれである、サブラクセーションを探さなければいけません。

また骨盤のずれによって、下肢が回転して膝関節の半月板を不自然に磨耗させたりするので、注意深く検査をする必要があり、O脚やX脚といった症状に現れ、それも痛みの原因となる時もあります。

良く見かける肥満による膝の痛みもあり、この場合は内側の半月板を非常に磨耗しやすく、内側に痛みが発生する場合があります。

それ以外にも、歩きすぎなどの疲労から足のアーチが落ちてしまい、歩く度にショックが膝に伝わって膝が痛むときも有りますが、これは膝関節が不自然に磨耗するからです。

これら以外では、最近あるいは過去におけるケガや病気などが原因であったり、体内における科学的な問題が、腫れや痛といった膝の問題となっているかもしれません。

これらの中で、全てに気を付けなければいけませんが、先ずは胸椎と腰椎のずれを探す事と、骨盤のずれを探す事で、これらがずれていた場合は当然正しい状態に矯正します。

もしそれで、膝の痛みに大きな改善が見られたら、それが原因の大部分だった事になります。

今回の方は、通院されているうちに、サブラクセーションと呼ばれる椎骨のずれも少なくなり、骨盤のずれも、非常に小さいものになって来ました。

残った痛みの部分は、大腿骨・脛骨・腓骨・膝蓋骨といった、下肢のずれからと見られ、検査からは脛骨の外方へのずれが見られました。


下記は、来られた方のリスティングと、矯正後のサーモグラフの検査です。

女性 50代  腰痛 膝

頚椎 AT-LSP
胸椎 
腰痛 L1-PL
骨盤 L-ASIN
脛骨L L-M

高津区・二子玉川 膝の痛みと腰痛 ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

0120-805-808 お問合せフォーム