母指のシビレ 50代女性

高津区・二子玉川 親指(母指)のシビレ  ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

来られる女性の中には、自分の仕事を持ちながら、家庭では家事や育児に追われて、という方もおられ、繁忙期を過ぎた仕事の間に、メンテナンスとして御利用される方もいます。

そして、特に気になる所や辛い症状をお聞きし、それに合わせたアジャストメントと呼ばれる矯正を行います。

通常どおりお聞きすると、通常のメンテナンスの他は、左手の親指に痛みが走って、物をつかむことが出来ないという事と、腹部の膨満感があるという事でした。

親指から手首にかけて走る痛みについては、あまり握る力が無いのに無理をして掴んだからだと、そう言われており、シップを貼ってサポーターで固定してあります。

1週間以上たつのに、まだ痛みが消えないのはきっと、親指を使ってしまうから無理もないので、このまま様子をみるという事でした。

確かにそういった事が、原因になる事もありますが、もっと上位での神経圧迫で発生する事もあり、それが原因の場合は、いつまで経っても治りません。

サーモグラフ検査では、頚椎4~胸椎1にブレイク反応がみられ、何れの個所も左手の拇指との関係を示唆します。

更にフルスパイン・テストによると、頚椎5の反応がみられ、アジャストメントの矯正を行いました。

じつはこれらの椎骨エリアは、ずれると手指に問題を発生させる場所で、上部がずれると拇指に、下部がずれると小指に、シビレや痛みといった何らかの異常が発症します。

何度も行っている矯正ですが、今回もすこぶる良好でした。

あとに残った10%ぐらいの違和感は、拇指の手のひら近位の関節が、外方にずれていたのを治し、痛みは解決されました。

しかし、矯正したばかりなので、安定させる為にサポーターはもう少し、着用して頂く様にお願いしました。


下記は、来られた方のリスティングと、矯正後のサーモグラフの検査です。

女性 50代  拇指・シビレ

頚椎 C5-PL
胸椎 T10-PL
腰痛 
骨盤 L-AS

ai06.JPG

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

0120-805-808 お問合せフォーム