イライラと更年期障害 50代女性

高津区・二子玉川 イライラと更年期障害はライズ カイロプラクティック 初見料が無料

最初から自分の症状に、更年期障害と言われる方は非常にすくないのですが、ごく稀に精神的なコントロールが出来なくてお見えになられる方は、それを解決する目的でいらっしゃいます。

ちなみに更年期障害とは、女性の場合は女性ホルモンの分泌が減少といった状態に、関係する場合が非常に大きな原因といわれております。

もちろん更年期といわれる時期には個人差があり、閉経年齢で最も多いのが、50歳だといわれますので、45歳ぐらいからがその状態を迎える目安になるかもしれません。

その症状がハッキリしないといわれるのは、特定の症状が現れる訳ではなくて、肉体的・内臓的・精神的といった中で、様々な症状が出現するのが特徴なのです。

今回の方は、頭痛がひどい・めまい・耳鳴り・顔がほてて、動悸や息切れがする・顔から汗が出る・疲が取れずに、身体がだるい・身体がむくむ・極度の冷えと言った他、肩こり・腰痛・手足がしびれる、などの症状があるそうです。

あと、初回に書いて頂くカードに無い物もありますが、イライラする・眠れない・何もやる気が起きない・吐き気がする、といった症状もあり、とても切実な状態です。

今回の場合もそれに当てはまりますが、特に家族をはじめとする周りの方達との、コミュニケーションが取ず、関係が悪化して迷惑をかける様な状態でした。

更年期障害は、主に女性ホルモン「エストロゲン」の減少が大きな要因で、詳しい内容は以前の自律神経失調症でアップしたことがあります。

もちろん、無理なダイエットや不規則な生活によってホルモンバランスが乱れた事、職場や家庭の環境変化、加齢による機能低下、またそれらから享受するストレスなどが原因である事が充分に考えられます。

しかし、以前の自律神経失調症の内容にもある様に、まず自分の体内環境を正しくする事で、立ち向かえる状態(準備・態勢)にしてからのお話かもしれません。

特に甲状腺ホルモンと、副腎皮質ホルモンのバランスは大切ですが、上部腰椎にはとりわけ素晴らしいスイッチ(起因?)になる時があるようです。

ホルモンのバランスは、急に良くなることは有りませんが、カイロプラクティックを行う事で色んな症状が取れて行き、その結果自然と正しい状態にもってゆく事が出来ます。


下記は、来られた方のリスティングと、矯正後のサーモグラフの検査です。

女性 50代 更年期障害 

頚椎 AT-LSP
胸椎 T1-PL
腰痛 L1-PR
骨盤 R-AS

高津区・二子玉川 イライラと更年期障害はライズ カイロプラクティック 初見料が無料

不定愁訴と自律神経失調症 40代女性

高津区・二子玉川 不定愁訴と自律神経失調症はライズ カイロプラクティック 初見料が無料

不定愁訴とは、数々の症状が訴えられているのですが、それら症状の原因となっている器官が見当たらず、病気と診断されないときに使用され、良く言われる診断に自律神経失調症があるようです。

自律神経とは、血管やリンパ腺、内臓といった、自分の意思とは無関係に働いている器官に分布する神経系のことで、呼吸や代謝・分泌・消化・循環などの、生命活動の維持や調整を、コントロールしている神経です。

この、自分の意思ではコントロールできない神経は、交感神経と副交感神経があって、絶えずバランスをとっているのですが、このバランスが崩れると自律神経失調症になってきます。

これらの症状は自律神経のうち、交感神経の緊張が関係している場合が多く、カイロプラクティックでは交感神経と副交感神経は、それぞれ別々に矯正して、決して同時に行ってはいけないとされています。

これは、良く例えられる事に、交感神経はアクセル・副交感神経はブレーキといった感じで、その作用は拮抗するからです。

こちらの方も、腰痛と肩こり以外の様々な症状にチェックが入っていて、自ら『自律神経失調症です』と、そう言われました。

矯正後は、腰痛と肩こりはずいぶん解消されて、他の症状も軽減された様でした。

いっぺんに統べてが、良く為る事はあまり期待出来ませんが、確実にその後も改善されてゆきました。


下記は、来られた方のリスティングと、矯正後のサーモグラフの検査です。

女性 40代 不定愁訴・自律神経失調症

頚椎 
胸椎 T1-PR
腰痛 L1-PL
骨盤 L-PL

高津区・二子玉川 不定愁訴と自律神経失調症はライズ カイロプラクティック 初見料が無料

下痢と更年期障害 50代女性


高津区・二子玉川 更年期障害の御相談はライズ カイロプラクティック 初見料が無料

腰の椎骨は、どの個所がずれても股関節や膝、下肢といった所に、痛みが発生します。

しかし神経の作用は、痛みを発生するだけではありません。

特に上部腰椎は副腎皮質ホルモンの神経支配もかねています。

今回の御客様は、様々な症状が出ていて、矯正の組み立てを決めかねていたのですが、特に辛い症状は? と、お聞きたら『下痢を止めたい』という事で、概ねの矯正は上部腰椎に絞りました。

下痢は腸管での水分吸収が、上手く行なわれないことで腰椎の原因に関係して来ますが、更に様々な症状が出ている場合、自律神経失調症が浮かびますが女性ホルモンの問題も考えられます。

女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)は卵巣で作られてますが、副腎皮質でも作られて分泌されています。

また、コルチコイド(糖質コルチコイドと電解質コルチコイド)と呼ばれる、ストレス時に働く抗ストレスホルモンも作られて分泌されています。

ストレスがあると、コルチコイド(糖質コルチコイドと電解質コルチコイド)を分泌するのですが、あまり出し過ぎると副腎が疲れ果て機能低下症という症状が出てきます。

症状に挙げられるのは、疲労感・めまい・耳鳴り・脱力感・胃潰瘍・不眠症・頭痛・動悸といった、自律神経失調症と同じ様な症状が出てきます。

これはコルチコイド(糖質コルチコイドと電解質コルチコイド)を作り過ぎた為、副腎皮質が疲労して女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)を作るのが後回しになってしまったからです。

特に、副腎皮質が作る女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)は少ないのですが、更年期に差し掛かった女性には、この少量のホルモンも重要になってきます。

副腎皮質の神経支配は、下部胸椎から上部腰椎ですが、これらから上部腰椎であると推測され、サーモグラフ検査とフルスパイン・テストで同様の結果となりました。


下記は、来られた方のリスティングと、矯正後のサーモグラフの検査です。

女性 50代 身体のメンテナンス

頚椎 C6-PL
胸椎  
腰痛 L1-PL
骨盤 R-AS 

高津区・二子玉川 更年期障害の御相談はライズ カイロプラクティック 初見料が無料

怒る人と、カイロプラクティック


イライラとカイロプラクティック

時々、子供を叱っている親を見かける事があり、ささいな事に関わらず、その怒りが次第にエスカレートしてゆきます。

確かに子供が、何かルールに反した事が原因ですが、もっと論理的に説明を求めるとかも出来たはずなのに、その親には何か問題は無かったのでしょうか?

実は、怒りの感情が出ている時、脳にはノンアドレナリンというホルモンがでていて、その分泌が抑えられなくなっているのです。

しかし、その感情のコントロールに必要とされる、物質に『脳内セロトニン』と呼ばれるものがあります。

セロトニンは抑制系の神経伝達物質で、『幸せホルモン』として知られており、ストレスを軽減する役割があるとされていて、セロトニンが減少することによってイライラしたり怒りっぽくなります。

セロトニンは脳で作られて、脳内に分泌される脳内物質の1つで、体内に放出されることはありませんが、ホルモンのように、体の機能に影響を与えているので、『幸せホルモン』という呼ばれ方をするようになりました。

セロトニンは、腸や血小板にも存在する『抹消セロトニン』がありますが、抹消セロトニンが増えすぎると、幸せどころか却ってイライラを感じやすくなり、抹消セロトニンが増え過ぎると、逆に脳内セロトニンは不足しがちになります。

一般に脳内セロトニンは『血液脳関門』を通過する事ができないので、セロトニンのサプリメントやセロトニンを、多く含む食べ物を摂取しても脳内には届かないので、セロトニンの原料となるトリプトファン(必須アミノ酸の1つ)や、合成に必要な酵素・補酵素(ビタミンB6・マグネシウム・亜鉛)を摂取したり、セロトニンと同じ材料で作られるビタミンB3(=ナイアシン)などが必要になってきます。

カイロプラクティック的な見方では、交感神経と副交感神経からなる自律神経のバランスに注意を払っており、副交感神経系を正しくする事によって、脳内物質の分泌が促される作用があり、改善のたすけになると思われます。

また交感神経の乱れを正しくする事で、甲状腺ホルモン・副腎皮質ホルモンなどの分泌が整えられ、ストレスを緩和させる働きがあります。

身体のあちこちが悪い

最初にみえられた御客様には、まず辛い症状を記入して頂きます。頚 肩こり 頭痛 耳鳴り 腰痛 胃が痛い 冷え症 疲れやすい と、一通り書き終え、さらに身体のいろんな所が痛いと、訴えてこられました。

これらの様に、あちこちが悪いという自覚症状を訴えられますが、検査をしても原因が見つからないは、自律神経のバランスが悪い時があります。また、会社でのストレスも、溜まってみえたようで、精神的にもまいっていたのでしょう。

これらの場合は、交感神経と副交感神経を分けて矯正する必要があります。さらに、症状によって矯正する箇所を絞ってゆく事も大切ですが、時には矯正する必要のある椎骨が、反応しない場合もあるのでじゅうぶんな検査が必要となります。

検査についてですが、通常は辛い箇所から、ズレのある椎骨を探します。しかし全部が辛いという事なので、この場合はサーモグラフとフルスパインの検査にて、ほんとうに矯正を必要とする椎骨を決定していきます。

矯正する箇所は、頸椎・胸椎・骨盤となり、特に骨盤が左右とも反対方向へと変位しているため、強く症状としてあらわれていたようです。

現在はほとんど気になる所がなく、写真のサーモグラフも右が4月で、左が10月のものとなっており、ずい分と改善されているのがわかります。

ちなみに、サーモグラフにあるオレンジのサインですが、少し腰が重たいとの事で、検査によると左の骨盤がずれており、矯正を行う必要がありました。

写真の右は矯正前の状態で、つま先が内方に傾いており、左の矯正後は正常な状態に戻っている事がわかります。

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

0120-805-808 お問合せフォーム