no-74 『40代女性 膝の痛み 生理痛』

高津区・二子玉川 膝の痛み 生理痛 ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

膝の痛みには骨盤からくる場合、腰椎からくる場合、そして股関節から下の大腿部に下腿部が原因となる場合があります。

骨盤のずれと供に腰椎のずれは、婦人科系の症状を引き起こす大きな要因になるために、必ず正しい検査と正しい矯正が必要になります。

また、女性に多い骨盤のずれ方ですが、それによって腰生理学的な湾曲が無くなったり、また違う椎骨のずれを作ってしまいます。

特に骨盤と上部腰椎のずれは、単に生理痛だけでなく、・無月経・膣炎、子宮炎・子宮内膜炎・卵巣嚢疱・不妊症といった、様々な症状の原因になると言われていて、実際に何人もの方の改善を行ってきました。

これらは全て、すでにカイロプラクティックの臨床として残されていますが、正確に行う事が出来ないと、効果が発揮できません。

うちで用いるサーモグラフ検査もその為ですが、他のテストも信頼性が良く、いくつかのスクリーニングといった工程が必要になります。

もっとも検査方法は他にもあり、それが信頼性があり再現性も確かならば、それで大丈夫だと思います。

今回の方は、首の痛みが最優先だったのですが、膝の痛みだけでなく、生理痛も矯正が終わるとほとんど無くなり、問題の下部頚椎もきれいに矯正を済ませる事により、解消しました。

なお頚椎については、矯正の行いづらい個所もありますが必ず、ずれている椎骨を矯正しなければなりません。


下記は、来られた方のリスティングと、矯正後のサーモグラフの検査です。

女性 40代  頚 膝 生理痛

頚椎 C6-PL
胸椎 
腰痛 L1-PL
骨盤 R-ASIN

高津区・二子玉川 膝の痛み 生理痛 ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

no-53 『20代女性 生理痛と腰痛』

高津区・二子玉川 生理痛と腰痛 ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

定期的に訪れる中には、ひどい生理痛がいらっしゃいます。

これも随分と過去の話になりますが、アメリカのDC(ドクター・オブ・カイロプラクティック)の先生が『生理痛が治せないは、カイロプラクティックではない!』と、そう言っておられたのを覚えています。

当時はそんなに、カイロプラクティックに魅力を感じず、あまり興味が無かったせいもあり、とても大切なメッセージとは思わなかったのです。

女性の方には冷え症の人が多く、これは甲状腺の機能低下が関係していて、ホルモンのバランスが崩れて血行が悪くなることが、よく生理痛の原因に挙げられます。

しかし大きな原因は、腰椎や骨盤のずれから発生すると、カイロプラクティックの臨床ではよく取り上げられており、しかもそれ以外の症状にも関係してくるので、とても大切なことなのです。

生理痛
腰椎のずれ・仙骨のずれ・腸骨(寛骨の後上部)のずれ (ずれ方によって、子宮の位置が変わる)・腰椎の正常な前弯の消失・甲状腺機能低下による生理痛。

膣炎・子宮炎
上部腰椎を調べ、ずれている椎骨を矯正する。

無月経
下部胸椎のずれ(副腎皮質機能低下)・上部腰椎(卵巣発育不全)

月経過多
上部頚椎(副交感神経系の問題)

月経時の出血が多い
上部頚椎(副交感神経系の問題)

子宮内膜炎
上部腰椎のずれ(子宮内膜に細菌が感染して炎症が起こる)

流産
腰椎・骨盤のずれによる子宮のねじれ・仙骨のずれ(仙骨からの靱帯が子宮につながっている)・上部腰椎のずれ・特にL3(初期の流産)

不妊症
甲状腺機能異常・副腎機能異常(特にL1~2)・腸骨のずれ


下記は、来られた方のリスティングと、矯正後のサーモグラフの検査です。

女性 20代  生理痛と腰痛

頚椎 
胸椎 T8-PL
腰痛 L1-PL
骨盤 R-AS

高津区・二子玉川 生理痛と腰痛 ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

no-07 『20代女性 不妊症 女性ホルモン』

高津区・二子玉川で不妊症は、ライズ カイロプラクティック

お見えになる方の中には、アトピー・糖尿・高カリウム血症などが改善された人がいます。

しかし元々の目的は、腰痛や肩こりが来院の動機であって、その結果これらの症状も改善された事になります。

でも中には、はっきりと症状の改善を目的に、来られる方もいらっしゃいます。

こちらの女性は、エキテンさんの口コミから興味を持たれ、来院となりました。

症状は不妊症で、3年前から治療を続けておられるそうです。

他の症状は肩こりと腰痛・・・ ですが、この場合はカイロプラクティック的な見方をすると、甲状腺および副腎の機能異常が考えられます。

サーモグラフ検査では頚椎7・胸椎3・腰椎1といった個所に、反応がありました。

フルスパイナル・テストにおいては、頚椎7・胸椎4・腰椎1がずれており、さらに骨盤には左右の腸骨もずれが確認されます。

また甲状腺や、女性ホルモンに関連する器官も、陽性反応がでます。

基本的には甲状腺に関する頚椎7・胸椎3と、副腎に関する腰椎1などは、分けて矯正を行いますが、この日は全てに矯正を行いました。

体調も良くなり、1ヶ月後には矯正個所が少なくなり、女性ホルモンのノバランスも整ってきて、初めてプロラクチンの値が適正値まで下がりました。


下記は、リスティングと矯正後の、サーモグラフ検査レポートです。

女性 20代 会社員 不妊症 腰痛 肩こり

C7-PL
T4-PR
L1-PL
L-EX R-AS

高津区・二子玉川で不妊症は、ライズ カイロプラクティック

不妊症に強いカイロプラクティック


高津で不妊症は、ライズ カイロプラクティック.jpg

不妊症とは、治療をしないと自然妊娠する可能性がない状態で、不妊のカップルは、10組に1組とも、5組に1組とも言われております。

海外の様々な機関である、WHO・世界保健機構、 ICMART・国際ART監視機関、 ASRM・米国生殖医学会議、 ESHRE・ヨーロッパ生殖医学会などが不妊症の定義である不妊期間について、従来の「2年を一般的」から「1年を一般的」と変更した事により、日本産科婦人科学会や諸機関も、それに準じた形で不妊症の定義を「2年を一般的」から「1年を一般的」としました。

日本における女性のビジネススタイルの変化や、またそれらによる晩婚化などによって、女性の妊娠する年齢が上昇する傾向にある中、不妊症の定義が変更された事により、女性がより早期に不妊の疑いを持って、検査や治療を受ける事を促す為です。

しかし不妊の定義である「1年の期間」でなくても、女性に排卵がなかったり、子宮内膜症や子宮筋腫、あるいは過去に骨盤腹膜炎などを起こしていた場合は、妊娠をしにくい可能性が高くなるので、「1年の期間」を過ごすよりも「不妊かもしれない」と考えて、検査に踏み切った方が良い場合もあります。


不妊のアプローチには様々な方法がありますが、カイロプラクティックは首から骨盤までの骨格のずれによって、発生した神経圧迫(サブラクセーション)に着目しています。

ずれた椎骨を正しく矯正する事で、発生した神経圧迫(サブラクセーション)を取り除くことによって、先天性治癒力(イネイト・インテリジェンス)を高めるカイロプラクティックは、高い効果をあげる事が可能で、あるカイロプラクティックの先生も良く、不妊症を治しては名付け親を頼まれていました。

そもそもカイロプラクティックは、アメリカにて100年以上前に提唱されたもので、本来は背骨を利用して神経の働きを回復させ、人間が有する自然治癒力を高める自然療法ですが、その中でもパーマー・ガンステッドと呼ばれるリステイング・システムは、まさにカイロプラクティックの原点で、その効果を実証できるものです。

人間の身体をコントロールしているのは脳から伝達される神経であり、首から骨盤の骨のズレによって神経圧迫(サブラクセーションといいます)が発生した場合、それによって身体のあらゆる器官と脳との連絡がうまく働かなくなってしまうのです。

つまり骨盤や腰の骨がずれる事によって、副腎や子宮といった機関に発生した異常を脳に知らせる事が出来ないので、ホルモンバランスが乱れたり生理痛や生理不順などを起こしたりします。

即ち、骨盤や骨のずれを正しくする事によって、神経圧迫(サブラクセーション)を無くし、脳と各器官の連絡を取り戻せば、先天性治癒力(イネイト・インテリジェンスといいます)により、症状が改善され健康になっていくというものです。

特にパーマー系のカイロプラクティックは、単に骨格の歪みと捉えずに、様々な症状から神経圧迫(サブラクセーション)を起こしている骨格のエリアを導きます。

さらに、赤外線検査機C-3000コンピュータサーモグラフィー(赤外線検査機)にて確認し、フルスパイン検査によってずれている椎骨を決定して矯正(アジャストメント)を行います。

これらの工程が可能になって、パーマー・ガンステッドと呼ばれるリステイング・システムが効果を発揮します。

何故なら、身体を眼で見たり触ったりしても、神経圧迫(サブラクセーション)を起こしている所を見つけるのは難しいので、つい間違った骨を矯正する事になるので、同じ矯正(アジャストメント)に見えても効果が出ないのです。


当院では、より効果を上げるために 『1か月限定』 のコースがあります。
初回は通常の料金5000円で、2回目からは1週間に2~3回きて頂きますが、1回2000円と利用し易いものとなっています。
人数には限りがあるので、御待ち頂く場合もあります。


不妊症とプロラクチン


prolactin.jpg

不妊の要因にはいろいろあって、それら統ベての改善が必要となってきます。

高プロラクチン血症もそのーつで、妊娠していない状態でプロラクチンの血中濃度が30ng/mlを超えると、高プロラクチン血症とされます。

もともとプロラクチンは脳下垂体から分泌されるホルモンの一種で、出産後に適応した体を作るために、母乳を作れるように乳腺を発達させたり、産後の育児に負担がかからないよう子宮の収縮を促したりする作用があります。

また出産後、すぐに妊娠できないように、排卵を抑制する働きがあるのです。

っまり妊活中なのに、プロラクチンの血中濃度が高いと無排卵月経になってしまい、生理も止まって妊娠ができない状態になってしまいます。

プロラクチンの血中濃度が高くなる原因はいくつかありますが、カイロプラクティックの場合は肩コリや頭痛、及び冷え症、疲れやすいなどのサインを確認します。

もし該当する様でしたら、甲状腺の機能低下を疑がわなくてはいけません。

甲状腺の機能低下によって不足した甲状腺ホルモンを補おうと、、しきりにホルモンの分泌を増やそうと働く過程で、一緒にプロラクチンの分泌も促されてしまうことがあります。

上の検査表は、初めてカイロプラクティックを受けに来られた女性のもので、神経の圧迫された所を直す度、しだいに良くなる事を感じておられたそうです。

約1ヶ月後にプロラクチンの血中濃度が23.9ng/mlから8.1ヘと下がり、確かなものになった様です。

もちろん矯正を行った箇所は、甲状腺にかかわる胸椎だけでなく頚椎や腰椎、骨盤などの副腎皮質ホルモンや女性ホルモンに携わる所も行います。

全ての方に当てはまるとは言いませんが、カイロプラクティックが不妊症に良いといった話は、他の御客様からもよく聞く話なので、関心のある方は訊ねてみてはいかがでしょうか?

不妊症とカイロプラクティック

不妊症頭から背中にかけて上半身が痛むため、インターネットにて高津の整体院のなかから、うちを探して来られました。

最初に記入して頂く問診表には、頭・頚・肩・背中の痛みに加えて、冷え症と疲れやすいにチェックがあるため、肩こりの神経支配である甲状腺の問題が予想されます。

特に婦人科系の事はふれられておらず、腰痛なども何の問題もなく生理痛とあるだけで、アトラス(第一頸椎)と、第2胸椎、そして右の骨盤の矯正を行いました。

身体も軽くなった事もあり、1週間後に来られた際は、第2胸椎と右の骨盤の矯正を行いました。

その後2週間くらい経過して来られた時、不妊の治療を行っており、この度、妊娠したとの事を告げられて、カイロプラクティックの矯正と妊娠について、関係があるのかを不思議に思われた様子なので、臨床について説明をしました。

不妊症におけるカイロプラクティックの臨床では、甲状腺機能(下部頸椎~上部胸椎)と副腎機能(上部腰椎)、さらに骨盤の変位を観察するようにあり、まさに今回の矯正は良い結果を得られたと思います。

これらの事は簡単そうですが、矯正しなければならない椎骨を選ぶ事、また正しく矯正が行える事が求められるので、それなりの技術が必要となります。骨盤の変位にしても、左右どちらか? あるいは両方ズレているのかなども、正確に検査する事が必要です。

カイロプラクティックはけっして万能ではないので、すべてに今回の様な結果が期待する事は出来ませんが、正しい状態に保ち、神経やホルモンのバランスをとる事は必要です。

まずは、自然の治癒力が働いている状態から、はじめてみるのも遅くはなさそうです。

◎特別な症状については、別にご相談ください。

腰痛 肩こり

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

0120-805-808 お問合せフォーム