花粉症 30代女性

高津区・二子玉川 花粉症 ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

花粉症とは、アレルギーの原因となるアレルゲンが花粉に有る為、花粉に反応して様々な症状が出てまいります。

アレルギーについては、非常に昔からカイロプラクティック臨床の記録が残されており、様々な注意事項が載せられていて、中には『蜂蜜と地元のハチ花粉を食べて免疫を増進する』と言った、現在の免疫療法のような事がも載せられています。

他にも『患者には牛乳とすべての精製食物を摂らせない』といった、今ではごく普通に言われている、食品に対する事柄や、ビタミンA・ビタミンB3・ビタミンB6・ビタミンB複合・ビタミンC・ビタミンEなどの、服用の仕方まで載せてあり、非常に頼もしくもあります。

日常の中でも『眼を洗い、蒸気を鼻から吸い込む』『オレンジジュースは粘液形成の主要な要因である』『ビールのモルトも問題である』といった注意を与えている。

カイロプラクティックでは神経圧迫へのアプローチが大切な要因で、『交感神経のサブラクセイションをさがす事』としており、交感神経の支配エリアである、頚椎6から腰椎5の間にある、椎骨のずれを探しなさいとしています。

さらに追記として、頚椎6 ~胸椎3の甲状腺エリアか、胸椎7~胸椎12の副腎エリアにある問題をみつけなさいと、そう教えてあります。

また、それ以外の副交感神経においては、後頭骨~頚椎5及び、骨盤も調べるようにあり、交感神経と副交感神経のエリアで、どちらにも問題のある可能性があれば、交感神経を先に行う様にあります。

今回の花粉症において有効なのが、交感神経の胸椎8~胸椎12にある、副腎エリアでの椎骨サブラクセーションといった、椎骨のずれによる神経圧迫を取り去る事が良いようです。

こちらは当初、肩こりで見えたのですが、アレルギー性鼻炎や結膜炎といった、花粉症の改善が良かった為、定期的に来られる様になりました。


下記は、来られた方のリスティングと、矯正後のサーモグラフの検査です。

女性 30代  花粉症

頚椎 AT-LSP
胸椎 T9-PL
腰痛 
骨盤 

高津区・二子玉川 花粉症 ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

0120-805-808 お問合せフォーム