花粉症と膝の痛み 20代女性

高津区・二子玉川 花粉症と膝の痛み ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

腰痛の主な原因が、骨盤のずれによって発生する事は、今ではよく言われる事ですが、20年くらい前は漠然とした捉え方が多い中で、カイロプラクティックにおけるリスティングと言った、具体的なずれ方の説明が、とても印象的でした。

カイロプラクティックのセミナーには、鍼灸師やマッサージ師、柔道整復師(整骨院)をはじめ、その他の様々な治療院をされている方が見えられ、講義を受けられるのですが、まず躓くのが椎骨のずれ方を表す、リスティングと呼ばれる記号で、これを理解できないと、次の段階にある矯正に入れないのです。

骨盤は左右の寛骨、仙骨、尾骨とあり、それらのずれ方も、すべてリステイングが与えられます。

骨盤の仙腸関節におけるアプローチで有名なものに、博田節夫先生が開発された、AKA-博田法と呼ばれる方法があり、関節運動学的アプローチ、AKA(Arthrokinematic Approach)・関節運動学に基づき、関節の遊び、関節面の滑り、回転、回旋などの関節包内運動の異常を治療するという内容の施術方法が、メディアに取り上げられた事もあってか、より骨盤に対してメジャーな位置付けがされた様に思えます。

時どき通院されては良くなり、また期間を開けては通院を続けられる方で、今回は腰痛と花粉症でお見えになられました。

いつもの、サーモグラフ検査とフルスパイン・テストで、ずれている椎骨を検査したうえで、アジャストメントと呼ばれる矯正を行います。

骨盤の矯正によって、腰の痛みは消えたのですが、まだ膝の痛みが残るそうで、花粉症の状態を確認した上で、下部胸椎の矯正を行いました。

再度の確認をしてもらうと、花粉症の症状と膝の痛みも消えたそうで、いつもながら、とても不思議に思われるそうです。

もともとカイロプラクティックの前提は、神経圧迫を取り除く事で、症状を取る為ではありません。

しかしその症状から、神経を圧迫している椎骨を、推察する事が可能なのです。


下記は、来られた方のリスティングと、矯正後のサーモグラフの検査です。

女性 20代 花粉症 膝の痛み

頚椎 
胸椎 T11-PL
腰痛 
骨盤 R-PI

高津区・二子玉川 花粉症と膝の痛み ライズ カイロプラクティック 初見料が無料

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

0120-805-808 お問合せフォーム