アトピー性皮膚炎について

atopytop.jpg

アトピー性皮膚炎について、日本皮膚科学会のガイドラインによると次のように定義されています。

アトピー性皮膚炎は増悪(ぞうあく)・寛解(かんかい)を繰り返す、瘙痒(そうよう)のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ。

つまり、繰り返し続く・かゆみがある湿疹・アトピー体質である、という3つの要素で成立します。

特に、3つ目の『多くはアトピー素因を持つ』というのは、自分の親どちらかでもアトピー性皮膚炎や喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎や結膜炎、食物アレルギーなどがある場合、遺伝としてアトピーを受け継ぐので、次第にアトピーの割合は増加しています。

atopy1.jpg atopy2.jpg
つらい痒みも大丈夫! あなたと同じアトピーに悩んでいた人も、当院のカイロプラクティックで改善されています。
test00.jpg test01.jpg
世界で認められた技術


なぜ認められたか? 理由は、症状が改善されるからです。
その為には、脊柱(背骨)の状態を視覚できる、コンピュター・サーモグラフィックや、ずれた個所を正確に教えるナーボ・スコープといった検査機器を使用します。

さらに正確さを求め、検査結果をスクリーニングにかける作業として、全ての椎骨を1つひとつ個別の検査が可能な、フルスパイン・テストという技術を用いて、原因となっている椎骨だけを確定します。

これで、アジャストメントと呼ばれる矯正を、行う準備ができました。
矯正の方法は、原因となっている椎骨だけを正確に矯正するために、ガンステッド・テクニックを主に使用します。

これらの工程を行う事により、あなたの症状を改善します。



AY様 アトピー歴10年


症状:アトピー性皮膚炎(ステロイド性皮膚炎) 女性 50歳

ny.jpg koe1.jpg

初めて山森先生の『ライズ カイロプラクティック』へ駆け込んだのは、我流で始めた脱ステロイド(アトピー性皮膚炎の治療に使っていたステロイド剤の使用を止める事)による身体及び精神面への反応が非常に激しく、耐え切れずに身も心もボロボロになっていた時でした。

顔と手足は赤くパンパンに晴れて目は開かず、全身から浸出液があふれ出しドロドロで、部分的に皮がむけて傷だらけ 、と言った状態で、気分も暗たんとして、生きるのが辛く思える程でした。

そんな私を山森先生は優しい笑顔で迎えて下さり、適宜説明を加えながら丁寧に施術をして下さいました。 サーモグラフで背中をスキャンした後、背骨を一カ所ずつテストして、ズレのある個所を特定してからの矯正は一瞬で、痛みは全くありませんでしたが、何となくその瞬間に自分の体にスイッチが入って動き出したような感じがしたのを覚えています。

それまで毎晩寝床に入って体が暖まると際限ないかゆみに苦しんでいたのですが、その晩からピタリとかゆみが止まりました。

これはすごい! と思った私は、迷わず1ケ月集中コースに申し込みをし、以来通院の度にメキメキと改善していくのを、感激しながら実感しました。

初回から1ケ月経過した現在では、かなり低下していた副腎の機能がほぼ正常になり、全身のかゆみが消えたばかりか浸出液や腫れも治まり、代謝が良くなったことで傷も消えたので、一見しただけではアトピー(ステロイド性)皮膚炎とわからない位に回復しました。回復に供なって気分も大変明るくなっています。

ネット検索で偶然見つけ、通いやすい立地と金額設定に惹かれて、初回の来院を決めたのですが、わずか1ケ月でこんなに回復出来るなんて、山森先生の所へ通って本当に良かったと思います。

先生が毎回『すごく良くなってますね』と、ほめて下さったことも励みとなりました。

カイロプラクティックは多いけれど、先生のような内容での施術はめずらしいそうです。

出会えたことに感謝致します。

患者様のブログ

NO様 アトピー歴30年

症状:アトピー性皮膚炎 女性 34歳

13s.jpg koe0225.jpg

幼少期よりアトピー性皮膚炎を長年患ってきて、様々な治療を試してきました。

カイロプラクティックのアトピー集中治療や漢方、頚椎の矯正治療等どれもある程度の効果はあったのですが、改善の経過に時間がかかるので金銭的に短期間しかつづかず、完治できないまま他のアレルギー要素で痒みに苦しむ、ということを繰り返していました。

そこへライズ カイロプラクティックをネットで見つけ、よくHPの説明を見ると、ガンステッド メソッドを使用すること、そして料金の安さにものは試しと予約をしました。

向かうまでにはメールでの丁寧な問診があり、実際に伺っても以前に受けた治療の話をよく聞いて下さり、丁寧にサーモグラフと背骨の触診でピンポイントに悪い部分を探して下さいました。

原因が多数あり、混合型の私の症状は、今まで具体的にどこが問題なのか、指摘される事がなかったため、驚きましたし、救われた感じがしました。

尚、施術中のピンポイントの矯正後、確かに止まっていた副腎の動きを感じる事が出来ましたし、肌の質感が明らかに変わったのを実感しました。

完治にはまだ時間がかかりますが、続けて治療を受けるつもりです。

MS様 中学生

症状:アトピー アレルギー 皮膚炎 女性 15歳

ms.JPG koe4.jpg

首、顔面の赤身、あれ、腫れ等の症状が現れ、なかなかひかなくなっていたが、1回の施術で まず かゆみがおさまり、肌の調子が目にみえて良くなりました。

夜もよくねむれたと言っています。ヒフの薬を試すかどうか迷っていたところにとても良い出合いでした。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、アレルギー性皮膚炎の様にはっきりとした、アレルギーを起こすもの(アレルゲン)が解からず、痒みが持続したり鎮静したりを繰り返します。 atp01.jpg 特にアトピー性皮膚炎の場合は、複数の要因が絡んでいると考えられるので、炎症の原因をすべて遮断することは不可能に近く、常に何らかのアレルゲンにさらされている為、肌の回復する暇がなく、荒れた状態が続いてしまいます。 atpy02.jpg そのうえ猛烈な痒みを特徴としている為、あれた状態の肌を掻いてしまい、さらにバリア機能が低下し、アレルゲンが入り易い状態を作り、ますます悪化するという悪循環に陥ってしまいます。 atp02.jpg また、眠っている間は意識がないので、知らないうちに掻きむしってしまい、新しいキズが増えるばかりで治る暇が有りません。 atp03.jpg まずは、優しく洗って清潔な状態にし、薬の力を借りて肌の回復を図ります。

この時に使用されるのが、「ステロイド」の塗り薬で、市販の薬や皮膚科で処方される8割くらいを占めています。

この薬は、人がもともと持っている、副腎(両方の腎臓の上端にある器官)から作られる「副腎皮質ホルモン」の一つ、「ステロイドホルモン」を人工的に調合したものです。
atp04.jpg
パッケージに「ステロイド」と書かれていなくても、副腎皮質ホルモンの成分名が表示されているものがほとんどで、成分の量や強さによって段階があります。


しかし・・・ ここで、気を付けてみてください。

副腎から作られる、「副腎皮質ホルモン」はどうなったのでしょうか?

じつは、この副腎がうまく働いていないので、ここから「副腎皮質ホルモン」が出てこなくなってしまった事が考えられるのです。

sinkei01.jpg
理由は、脊柱を形成しいる骨格がずれてしまい、その中に入っている神経のコードが、圧迫されて、うまく信号が伝わらない状態になっている・・・

その原因は、遺伝によってもたらされた、骨格のずれやすい体質や、仕事や家事など生活習慣からくる骨格のずれが考えられ、それを元に戻す事によって、副腎が働きだします。
atp05.jpg
働きを取り戻した副腎は、すぐさま「副腎皮質ホルモン」を分泌させて、体の中の炎症を抑えてくれます。


もちろん、高脂肪や糖質の多い食事を避けて、ストレスの無い環境も大切ですが、すでに対応済みで、これ以上は望めない場合は、あらゆる手段を講じる必要があります。



ryoukinsyorei.jpg

ryoukins.jpg



フリーダイヤルで御予約


メールのお問合せは、こちら


Lineのご予約

重度のアトピー性皮膚炎 40代女性 2週間後

ab01.jpg ab02.jpg


上は初回と2週間後のビフォーアフター、そして拡大した状態の写真です。

アトピー性皮膚炎で悩んでいる人は、平成26年度における厚生労働省の統計では 456,000人 おられるそうです。

そのうち、0~19歳:36% 20~44歳:44% 45~69歳:16% 70歳以上:4% と、なっているようです。

その中でも、成人になってアトピーを発症する『大人アトピー』が増えていると言われており、塗り薬を始めとする様々な治療法が紹介されています。

アレルギーとアトピーに特化したコースは、カイロプラクティックの効果を知らない方に向けて用意したもので、特に治らないと思っている人に勧めたい。

最重症のアトピーで来られ、週に3回のコースを受けておられる方の経過ですが、2週間後には全体的な改善として再生した皮膚の剥落が進み、熟睡する事が可能になったうえ強い寒気などが軽減し、症状の鎮静化が2日以上持つ様になられたそうです。

この時の矯正は胸椎T8を行い、副腎の機能低下は右だけが未だ反応している状態です。

下のサーモグラフィック検査は、2週間目に行ったものです。

ny1.JPG

最重症のアトピー性皮膚炎 40代女性


2931.jpg
右は矯正して2日後の写真

アレルギーとアトピーには様々な症状があり、皮膚症状の程度によって以下の4つのレベルに分類されます。
 
・軽症:面積にかかわらず、軽度の発疹がみられる 
・中等症:強い炎症をともなう発疹が、体表面積の10%未満にみられる 
・重症:強い炎症をともなう発疹が、体表の10%以上、30%未満にみられる 
・最重症:強い炎症をともなう発疹が、体表の30%以上にみられる

今回来られた方は、ほぼ全身に強い炎症が見られる、最重症の方がみえられました。

症状に対する経過内容は、約10年間ほどアトピー性皮膚炎の治療に対して、ステロイドを処方されて来られたのですが、著しく体調を悪化させてしまい、2か月ほど前からステロイドを含めた薬剤の使用を、一切やめられたそうです。

勿論アトピーの原因になりそうな食事は控え、絶食を含めた少食で症状の改善を図ったのですが、肌の状態が酷く、特に背中と胸から浸出液の噴出に加え、時折ぶり返す痒みと乾燥に苦しんおられます。

また、神経系からの異常らしき強い寒気、不眠、浮腫み、目の腫れにも困っている現状です。

皮膚の状態はほぼ全身に症状が出ており、検査で背中を触ると薄い皮膚の下に水疱が出来ていて、それが皮膚炎と供に引っ掻いて損傷し、破れて膿んだ箇所がいくつも見られました。

サーモグラフィック検査では、胸椎T8・T9にブレイクがみられ、フルスパインテストからは、その下のT10に反応があり、内臓のテストは副腎の機能低下がどちらにも認められました。

ニーチェストテーブルで矯正を行い、施術後の反応を確認したところ、明らかに肌の感じが良くなったと言われました。

カイロプラクティックにおける効果の特徴は、ほとんどがすぐ感じられる為、これで効果が無い場合は他の個所を探して矯正を行う必要があるため、運が味方をしてくれたのかも知れません。

今までにない効果を得られ、矯正を信頼して『アレルギーとアトピーの1か月間コース』を受けられる事になりました。

下は1回目のビフォーアフター

ny12.jpg

2回目に来られた時は、全てに改善が見られ、寝ている時にも痒みが出ないので、背中の引っ搔き傷が無くなり、古い皮膚の落剝が多量に見られました。

この時の矯正は、胸椎T8・T12で、副腎の機能低下は右だけになり、良い出だしだといえます。

下は2回目のビフォーアフター

ny34.jpg

アトピー性皮膚炎 10代の男性


h05.JPG

介護の仕事をされておられ、酷い腰痛と肩こりでこちらへ来られて改善し、今回は息子さんを紹介されました。

これらの症状ですが、両親からの遺伝するケースが有ります。

遺伝とは、親から子へと形質が伝わる生物の基本的な性質の一つで、顔や姿と同じ様に骨格や筋の一つ一つが受け継がれる場合もあり、その結果おなじ神経圧迫の症状を起こして、よく○○体質などと呼ばれます。

気になったのは、腰痛・肩こり意外に鼻炎も見受けられたので、聞いてみたところアトピーとアレルギーを持ち合わせているらしく、副腎の機能テストに反応があり、スパイナルテストでも副腎の神経エリアに椎骨のずれであるサブラクセィションが認められました。

初めてのカイロプラクティックによる矯正はとても新鮮で、またその効果の即効性ですが、肩こりや腰痛が無くなっただけでなく、アレルギーによる鼻炎だけでなく肌のかゆみが瞬間的に消滅したそうです。

これには、矯正を行う前には必ず、現在の状態を確認する事が大切で、改善の効果を確認する為や、あまりにも効果の表れ方が急な為に、元の症状が思い出せない場合があるからです。

もちろん全ての方に、同じ効果が期待できる訳では有りませんが、まだ若いという事はそれだけ原因となる問題が小さい場合多く、そういった場合は良い結果を得られる事が可能です。

どれ位の期間に渡って持続するかですが、以前に行った小学生の花粉症だったケースも、1回の矯正でアレルギー性鼻炎による鼻水、および目の痒みなどが、全くでなくなった事もあり、個人差も確かにありますが、今回も他に神経エリアの問題と、他に存在する骨格のずれといった原因が無い場合は、それなりに持続する可能性が高い事を伝えました。


下記は、来られた方のリスティングと、矯正後のサーモグラフの検査です。
男性 10代  アトピー性皮膚炎 

頚椎 
胸椎 T1-PL T10-PL
腰痛 
骨盤 R-AS

h06.JPG

アトピーと背中の痛み 40代女性

高津区・二子玉川 アトピーはライズ カイロプラクティック 初見料が無料

アトピーの場合には、よく『ステロイド』という治療薬が用いられます。

これは別名、『副腎皮質ホルモン』と呼ばれていて、自分の身体の中で必要に応じて作られているのですが、椎骨のずれによる神経圧迫によって、内臓の機能が低下したりするため、必要な量を出してくれないのです。

これを解消するのには、ずれている椎骨を正確に見つけ、正しい状態に戻してやる必要があります。

もちろん薬の方が安いうえ、施術をわざわざ受けに行くといった、手間や時間もかかりますが、カイロプラクティックの場合は副作用は無いうえ、その他の器官の機能や、症状も良くすることが出来ます。

アレルギーの原因となる、アレルゲンをなるべく避ける方法も有りますが、中には複数の物質が反応しておられる方などは、ずっと症状に悩まされ続けなければなりません。

ですから、痒みや鼻炎などあらゆる症状を抑えてくれる、『副腎皮質ホルモン』の分泌が大切になってきます。

こちらは、背中の痛みを訴えて来られた方ですが、サーモグラフ検査によるリーディング時における検査機と皮膚の接触で、皮膚が赤くなったので再度症状を聞くと、長期にわたって軽い痒みと鼻炎があるそうで、矯正によって神経圧迫を解消すると、内臓の機能が元に戻って良くなるかもしれないと告げ、矯正を行いました。

1週間後に来られた時は、あれから全く症状か消えたそうで、自然の治癒力を感じられたそうです。


下記は、来られた方のリスティングと、矯正後のサーモグラフの検査です。

女性 40代  花粉症
頚椎 C2-PR
胸椎 T7-PL T12-PL
腰痛 
骨盤 

高津区・二子玉川 アトピーはライズ カイロプラクティック 初見料が無料

花粉症やアトピーと副腎皮質ホルモン 30代女性

高津区 花粉症やアトピーはライズ カイロプラクティック


副腎は腎臓の上にかぶさる様な感じで乗っている臓器で、表層の部分を皮質(ひしつ)、中心部分が髄質(ずいしつ)と呼ばれていて、この副腎の皮質より産生されるホルモンの総称を、副腎皮質ホルモンと呼んでいます。

副腎皮質ホルモンには、糖質コルチコイドと.鉱質コルチコイドの2種類があり、糖質コルチコイドの主なはたらきに、からだをストレスなどから守る免疫、炎症をおさえると言ったものがあります。

花粉症やアトピー、喘息などで使用される医薬品にステロイドという薬品があり、私も若い頃に患った重度の花粉症で、皮膚の炎症を抑えるために頂いた事があります。

このステロイドは、糖質コルチコイドなどのホルモンに似た物質を、人工的に合成されたものらしいですが、カイロプラクティックでは神経圧迫を取り除き、副腎が正しく働く事で再び分泌を促す様に、環境を整えます。

この場合は下部胸椎が神経エリアとなる為、ぜひ1か所に絞りたかったのですが、どうしても肩こりを優先させるという、強い要望だったので、他も矯正する事になりました。

矯正後の結果は、肩こりだけでなく鼻炎が止まって、目の痒みも取れたという事で、概ね安心したのですがやはり、矯正個所は少なくおさえたかった・・・。


花粉症やアトピーに関する、副腎皮質ホルモンの作用
〇 抗炎症、抗アレルギー作用(炎症やアレルギーを緩和する)。
〇 神経系に及ぼす作用(糖質コルチコイドの減少が過敏や集中力の減退をもたらす)。
〇 ストレスに対抗する作用(ストレス状態になったときにこのホルモンが分泌されストレスに対抗する)。

他の生理的な働きをする、副腎皮質ホルモンの作用
〇 消化器系に及ぼす作用(胃酸の分泌を促進する)。
〇 筋肉に及ぼす作用(糖質コルチコイドの減少が筋の疲労を助長する)。
〇 脂肪代謝に関する作用。
〇  糖代謝に関する作用(血中のブドウ糖を取り込み肝臓のグリコーゲンを増やす)。
〇 血液に関する作用(赤血球の数を増やす)。


下記は、来られた方のリスティングと、矯正後のサーモグラフの検査です。

 女性 30代 肩こり アトピー・花粉症

AT-LL C7-PL
T3-PL T12-PL
L-AS


高津区 花粉症やアトピーはライズ カイロプラクティック

アトピー・アレルギーと副腎皮質ホルモン


私たちがストレスを受けると、脳の中ほどに位置する大脳辺縁系(帯状回・扁桃体・海馬・海馬傍回・側坐核)から 視床下部を経て、脳下垂体に情報が伝わります。すると脳下垂体から、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)という物質が分泌されて体内をながれ、副腎に届いた、ACTHの刺激を受けて、副腎皮質ホルモンが分泌されます。

副腎皮質ホルモンのひとつである、糖質コルチコイドは炎症を鎮める働きがあるため、アトピーやアレルギーに効くといわれています。

腰痛から足のシビレや、膝の痛みで通院されていた御客様ですが、それらが解消すると供に、花粉症がなくなって来たそうです。理由は、下部胸椎のずれも正しくする事で、副腎の働きが改善された事にあり、今はたまに発生する下部胸椎のずれを矯正する事によって、未然に防いでいます。

特に症状の有る場合、どこが悪いのかを把握する必要があるので、椎骨の一つ一つを検査しなければなりません。

この日の検査では、久しぶりに胸椎の10番がずれており、矯正を行いました。
*マジックテープ 横にあるマークの箇所

また、これらホルモンに関する場合は、脳下垂体の働きも伴なう方が良いので、一緒に検査してアプローチを行います。

右のサーモグラフも、右(ビフォアー)から左(アフター)へと、胸椎の箇所について反応が無くなっているのがわかります。

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

0120-805-808 お問合せフォーム