カイロプラクティックについて


カイロプラクティックの説明カイロプラクティックの始まりカイロプラクティックは1895年、D.D.パーマーが、17年間耳が聞こえなかったハービー・リラードの聴力を、頚椎のアジャストによって回復させる事に始まります。

難聴とライズ カイロプラクティック

そこでD.D.パーマーは聴力を治す方法を発見したと思い、大々的に「難聴は治る」と新聞広告で患者を集めました。しかし、ある人の難聴は治ったが、治らない患者も出てきた。だが偶然にも治らなかった患者の中に他の様々な症状が治ってきた。

息子のB.J.パーマーは、各椎骨から出ている神経を追跡することによって、これらの一連の出来事を解決し、理由付けられるのではないかと考えた。その結果「ナーブトレーシング(神経追跡)」を編み出し、脊髄のずれとその神経圧迫による症状との関連性を発表した。

正確な矯正はライズ カイロプラクティック

これらの事が基礎となり、その後も様々な研究や技術が発展を遂げて、現代にいたっています。

椎骨のズレと神経圧迫脊柱は日常の生活において、知らないうちにかかる負担によって、ズレを生じたりします。また、段をふみはずしたり、どこかをぶつけたりと、ちょっとした事で発生する場合もあります。

脊柱は頭部から骨盤まで24の椎骨、骨盤によって、複雑な構造ですが自然な曲線で体を支えております。しかし、ある決まった箇所に長時間負担がかかると、その負担に耐える為に無理が掛かります。ゆっくり休む事で解消されますが、長く続くと椎骨のズレに至ってしまい、痛みや痺れなどが発生する時があります。


アトピーやアレルギーはライズ カイロプラクティック

この痛みは、脊柱を形成する椎骨に生じたズレによって起こる神経圧迫の結果として、神経系のネットワークが乱れて発生しますが、椎骨の状態を戻す事によって正常へと導きます。 

例えば仕事の為、一日中パソコンを使用している場合、つい夢中になって前のめりな姿勢が続いた場合、上部の胸椎(首のすぐ下の部分)から頚椎にかけて、負担がかかります。背伸びをしてゆっくり休息をとっても、毎日の事となると次第に肩から首筋にかけて、肩こりといった症状として現れます。

デスクワークの疲れはライズ カイロプラクティック

また、机と椅子のバランスもあって、本来は前弯している腰が、屈んだ様な姿勢が長く続くと次第に重く感じ、ふとした事で痛みが出やすくなります。

カイロプラクティックでは、これらの状態からズレた椎骨を見つけ、検査して元の正常な状態に戻す事によって癒やします。

内側からの調和椎骨の後部には、それぞれの椎骨が積み重なって出来た脊柱管があります。その脊柱管の中にある神経は、上と下の椎骨間で形成される椎間孔から全身に連絡していて、神経系のネットワークを司ってます。

脊柱の状態をサーモグラフでモニターすることで、ズレた椎骨を探します。もし、長期にわたってズレていた場合は、固着状態が酷かったり他の部位も関係していたりと、治る時間はかかりますが、アジャストと呼ばれる矯正を行う事によって様々な症状を癒やしていきます。

頚椎の矯正は、ライズ カイロプラクティック

椎骨のズレた箇所は、神経の連絡する身体の部位に現れるので、肩コリや腰痛といった痛みなどが発生してきます。

こういった運動器疾患は、カイロプラクティックが適応とされる症状です。しかし、これらの運動器疾患に限らず、アトピーアレルギー、胃腸の不調、更年期の症状、自律神経の失調など、さまざまな症状に有効であることが、多くの公的機関から報告されています。

病態が慢性化するに従い、組織が変性したり自律神経の働きが乱れたりして、さまざまな症状を呈します。

自律神経はライズ カイロプラクティック

たとえば、腰痛を患っているうちに膝が痛くなり、肩までこってきます。さらに症状がこじれて、肩こりから頭痛や耳鳴りへと至る場合があります。また、自律神経のバランスが乱れると、冷え、ほてり、精神的なイライラ、不眠、下痢や便秘、全身の倦怠感などの不定愁訴が生じることもあります。

このような複雑に絡み合う症状こそ、その根本にある原因を治し、全体の調和を整える必要があります。

脊柱の矯正はライズ カイロプラクティック

症状によって、すぐに無くなるものや穏やかに良くなる場合まで、様々な状態があげられますが、カイロプラクティックは、病気の根本原因を取り除く自然医療として、内側から自然治癒力が働きやすい環境を整えます。

また、 痛みやシビレ(知覚神経)及び筋肉が動きにくい(運動神経)といった症状が緩和されても、内臓をはじめとする全身の機能をコントロールする(自律神経)している神経まで、正常に働いていない場合があります。

カイロプラクティックは、症状を取り除く事、椎骨の状態を正常に保つ事、予防保全の為を主な目的としています。

脊柱のジャストメントははライズ カイロプラクティック

最初は、つらい症状を取り除くため、『週に1回ていど』来ていただく事をおすすめします。(目安としてですが3回から5回ぐらい)
次は、椎骨の状態を正しく保つために、『月に2回くらい』来 て頂く事をおすすめします。
やがては、安定した状態を保つために『月に1回』でのメンテナンスをおすすめします。

ガンステッド・テクニックは、ライズ カイロプラクティック

サーモグラフでモニターすると共に、症状が改善されていく状態を確認し、内容は、神経圧迫した箇所のグラフが赤、またはオレンジの状態から、黄・緑の状態へと変化していく様子で確認します。緑のグラフは、神経圧迫の無い本来の状態を表しており、脊柱全てが緑のグラフになった時に、『自然治癒力』と呼ばれる力が働きます。

サーモフラフィック検査はライズ カイロプラクティック

矯正をおこなうとき「ポキッ」という音がすることがありますが、これは「関節の空隙化」とも呼ばれるもので、関節面がこすれて生じる音ではありません。関節は、関節包と呼ばれる袋状のもので包み込まれており、その中を関節液(滑液)によって内圧が少し高い状態で安定性を保っています。

スパイナル検査は、ライズ カイロプラクティック

しかし、脊柱に固着や歪みという負荷が加わると、関節内の圧力は過剰に高くなり、各関節の可動性を制限します。このとき、「気体の溶解度は、圧力が高い方が大きい」というヘンリーの法則が作用して、関節内を満たす滑液に溶け込む二酸化炭素の量が増大します。脊柱の固着をゆるめて、歪みを整える方向に矯正を施すとき、伸ばされた関節内で気泡となったガスが急速に関節の中心部に集まり、関節内の異常な負の圧力が失われたため、「ポキッ」とはじける音がします。

適応症【このような方に向いています】
どこに行っても良くならない、何をやっても変わらない、痛みが消えない、体の疲れが抜けない、コリで気持ち悪い、背骨がズレている、体が歪んでる、長時間の立ち仕事 、目が疲れる、パソコンを一日中使っている


【このような方には向いていません】
出血性、感染性疾患、心疾患等とされているが、このほか徒手調整の手技によって症状を悪化しうる頻度の高い疾患、明確な診断がなされているもの

*症状を聞くのは、あくまでズレた椎骨を症例から推定するためです。

当院でのカイロプラクティック説明サーモグラフ問診表に記入された様々な症状を、カイロプラクティックの臨床と照らし合わせ、原因となりうる場所の範囲を想定します。

例えば肩こりの場合は下部頚椎から上部胸椎(C-6~T3)を疑います。そして、親指に痺れなどがある場合は下部頚椎と、その範囲を特定していきます。
さらにコンピューター・サーモグラフを用いて情報の確認をし、脊柱を形成する椎骨を全て調べるフルスパイン テストで、ずれている椎骨を決定します。
最終的に、ずれている椎骨を矯正しますが、この時にはガンステッドと呼ばれる方法を用いてとなります。

フリーダイヤルで御予約


メールのお問合せは、こちら


Lineのご予約

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

0120-805-808 お問合せフォーム